[事例ニュース]

キリングループ、間接材購買システム「パーチェスワン」を全社展開

2010年10月16日(土)IT Leaders編集部

ソフトバンクBBは2010年10月15日、キリングループの間接業務シェアードサービス会社のキリンビジネスエキスパートを主管担当として、キリンホールディングス、キリンビール、キリンビバレッジをはじめとするキリングループ企業38社へ、間接材購買システム&サービス「パーチェスワン」を提供開始したことを発表した。

 キリングループは2010年1月よりキリンビール、キリンビバレッジの各1工場で「パーチェスワン」の利用を試験的に開始し、その後11工場、および3研究所・研究部門、さらに営業部門、管理部門に利用を拡大。パーチェスワンの導入により購買の可視化、適正化を推進し、コスト削減、内部統制、購買業務の効率化を実現するために、年内にグループ企業38社で、グループ全体のコスト削減と内部統制の強化を図る。

 キリングループがパーチェスワンで集中購買する品目は、事務消耗品、工場・研究所の備品・消耗品、飲料の自販機保守部品等で、定番品に関しては電子カタログ化し購買する。また「パーチェスワン購買センター」では、複数社のサプライヤから見積もりを取得し、価格を比較して購入先を選定する見積購買にも対応する。

 今回のキリングループの取り組みは、サプライヤー1000社以上をソフトバンクBBに移管する大規模なアウトソーシングとなる。ソフトバンクBBは、パーチェスワンのサービスを通じ、キリングループにおける集中購買化の推進を全面的に支援していく。

 パーチェスワンは、2008年9月9日よりサービス提供が開始された、企業にクラウド型で購買システムを提供し、企業の購買業務を肩代わりして労務コストを削減し、合わせて複数サプライヤーから見積もりを取得して比較購買を進め、調達価格の低減化を実現するサービス。文具・オフィス用品やOA機器、工具、部品、安全具、ユニフォーム、理化学機器などのカタログ品から、印刷、オフィス工事、役務サービスといった定型・非定型の見積もり品まで、間接材分野の幅広い商品・サービスを提供し、企業のコスト削減と内部統制を同時に実現する。

 ソフトバンクBBによれば、企業のコスト削減や内部統制強化の動きが強まる昨今の情勢の中で、多品目で購買ロットが少量でしかも取引件数が膨大になる間接材の購買分野では、企業が自力で集中購買化をしてコスト削減や内部統制強化を実現することは難しいため、パーチェスワンのような購買アウトソーシング・サービスのニーズが高まっているという。

 ソフトバンクBBは、今後広く食品業界にパーチェスワンの利用を働きかけ、同サービスを核とした食品業界の間接材共同購買化を推進する。


ソフトバンクBB
https://www.softbankbb.co.jp/ja/

 

関連キーワード

キリンホールディングス / キリンビール / キリンビバレッジ / 製造 / 食品 / 飲料 / サプライチェーン / 基幹システム

関連記事

Special

-PR-

キリングループ、間接材購買システム「パーチェスワン」を全社展開ソフトバンクBBは2010年10月15日、キリングループの間接業務シェアードサービス会社のキリンビジネスエキスパートを主管担当として、キリンホールディングス、キリンビール、キリンビバレッジをはじめとするキリングループ企業38社へ、間接材購買システム&サービス「パーチェスワン」を提供開始したことを発表した。

PAGE TOP