[新製品・サービス]

TIS、UiPathのRPAのロボット管理サーバーを独自ダッシュボードを加えてクラウドで提供

2019年6月7日(金)IT Leaders編集部

TISは2019年6月6日、RPA(ロボットによる業務自動化)製品「UiPath」で作成したロボット(端末)を一元的に管理・統制する管理サーバー「UiPath Orchestrator」に、独自ダッシュボードを加えてクラウド提供する「RPA管理統制基盤サービス」を開始すると発表した。価格(税別)は、1環境当たりの月額利用料が30万円(12カ月以上の契約が前提)。UiPath Orchestratorのソフトウェアライセンス費用、ダッシュボードのソフトウェアライセンス費用は別途見積り。TISは、2020年までに20社への導入を目標にする。

 RPA管理統制基盤サービスは、UiPathのロボットの管理、実行指示、タスク実行履歴、稼働率やエラー内容の確認ができる管理ツール、UiPath Orchestratorをベースにしたクラウドサービスである(図1)。稼働するロボットのプログラムやログの集中管理・統制と複数台のロボットを集中管理できるUiPath Orchestratorの基本機能に加え、独自機能として、ワークフロー別の実行件数推移、実行時間推移など、実務で活用できるダッシュボードをプリセットして提供する。

図1:RPA管理統制基盤サービスの概要(出典:TIS)図1:RPA管理統制基盤サービスの概要(出典:TIS)
拡大画像表示

 同サービスを利用することで、自社でのサーバー運用は不要でRPAの管理が可能になり、運用の負担を軽減でき、企業の担当者は業務の効率化に注力できるようになる。

 RPAは現場の業務効率化を主な目的として、IT部門が関与せずに業務部門主導で導入されることが多く、ほかの業務システムとは異なりIT部門のシステム管理の範疇外となっているケースが多い。また、IT部門が協力している場合でも、RPAはサーバー側ではなく、端末側での実行が主体になることから、IT部門が運用管理に積極的に関与しないケースも見受けられる。そのため、「IT部門が把握・管理できていない野良ロボットの増加」「ロボットの繁閑のバラつきの発生」「各現場での場当たり的なロボット活用による運用コスト増加」といった点が問題となっているという。

 RPA管理統制基盤サービスでは、最小限のインフラ知識で導入でき、その後のサーバー運用もアウトソースできるため、こうした問題に対応できる。

 具体的には、UiPathで作成したロボットの管理をクラウド上のサーバーから行える。ロボットの管理・統制を行う管理サーバーの構築作業をテンプレート化しており、サーバー運用もTISへのアウトソースで一元管理できる。これにより、管理サーバー構築やサーバー運用の手間を省くことができ、ロボットの正常稼働の把握、エラー発生の検知といったIT部門のシステム運用の管理業務の負担を軽減できる。

 TIS独自のテンプレートを活用することで、サービス利用開始後、ロボットの稼働状況をダッシュボードで確認可能だ。部門別の集計や表示などにも対応している。

 ロボットのスケジュール実行や、ロボット・ワークフローの設置・稼働状況の確認、ロボットのライセンスの集中管理、ロボット・ワークフローの実行結果(ログ)の確認といったUiPath Orchestratorの機能をクラウドで利用できる。

関連キーワード

TIS / UiPath

関連記事

Special

-PR-

TIS、UiPathのRPAのロボット管理サーバーを独自ダッシュボードを加えてクラウドで提供TISは2019年6月6日、RPA(ロボットによる業務自動化)製品「UiPath」で作成したロボット(端末)を一元的に管理・統制する管理サーバー「UiPath Orchestrator」に、独自ダッシュボードを加えてクラウド提供する「RPA管理統制基盤サービス」を開始すると発表した。価格(税別)は、1環境当たりの月額利用料が30万円(12カ月以上の契約が前提)。UiPath Orchestratorのソフトウェアライセンス費用、ダッシュボードのソフトウェアライセンス費用は別途見積り。TISは、2020年までに20社への導入を目標にする。

PAGE TOP