[調査・レポート]

2019年の国内外部接続型ストレージ支出額は前年比10.8%増の2080億5900万円─IDC Japan

2020年4月13日(月)IT Leaders編集部

IDC Japanは2020年4月9日、2019年第4四半期(10月~12月)と2019年通年(1月~12月)の国内外部接続型エンタープライズストレージシステム市場の支出額(Value)実績を発表した。2019年第4四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は513億6700万円で前年同期比9.0%増だった。2019年通年では2080億5900万円で前年比10.8%増になった。

 IDC Japanが発表した、2019年第4四半期の外付型(外部接続型)エンタープライズストレージシステム支出額のセグメント別内訳を見ると、メインフレーム向けが86億4200万円で前年同期比188.4%増、オープンシステム向けが427億2500万円で同3.1%減だった。前年の落ち込みが大きかったメインフレーム向けは、2四半期連続で倍以上の伸びとなった。オープンシステム向けは、前期に続きマイナス成長だった(図1)。

図1:国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2013年~2019年(出典:IDC Japan)図1:国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2013年~2019年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 この結果、2019年通年での同市場の支出額のセグメント別内訳は、メインフレーム向けが250億4700万円で前年比56.5%増、オープンシステム向けが1830億1200万円で同6.5%増となった。

 メインフレーム向けでは、更新需要の端境期であった前年の反動に加え、オールフラッシュアレイ(AFA)の新製品が牽引した。オープンシステム向けは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)のアプライアンス製品が好調であったことに加え、クラウドサービスプロバイダー向け需要が寄与した。

 クラス別では、好調なハイエンドやミッドレンジに対し、エントリーはクラウドへのシフトによって2桁のマイナス成長となった。

 2019年は、前年に続きHDDからフラッシュへと搭載メディアの移行が進んだ。同年の同市場の支出額のなかで、AFAは549億8100万円で前年比26.8%増となった。この結果、2019年の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額に占めるAFAの割合は26.4%となった。

 2019年通年での同市場の売上額(Vendor Revenue)は1972億1500万円で、ベンダ別売上額の上位5社は日立製作所(シェア18.7%)、富士通(15.4%)、デルテクノロジーズ(14.8%)、NetApp(9.0%)、IBM(8.0%)だった。日立製作所が単独1位となり、第4四半期もメインフレーム向けが好調だったIBMが5位を獲得した。なお、国内資本大手3社の合計シェアは、調査開始以来最も低くなった。

関連キーワード

IDC Japan / 市場調査

関連記事

Special

-PR-

2019年の国内外部接続型ストレージ支出額は前年比10.8%増の2080億5900万円─IDC JapanIDC Japanは2020年4月9日、2019年第4四半期(10月~12月)と2019年通年(1月~12月)の国内外部接続型エンタープライズストレージシステム市場の支出額(Value)実績を発表した。2019年第4四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は513億6700万円で前年同期比9.0%増だった。2019年通年では2080億5900万円で前年比10.8%増になった。

PAGE TOP