[新製品・サービス]

大日本印刷、物流用の自動搬送ロボットを高精度に制御できるガラス製マーカを発表

2020年5月7日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

大日本印刷(DNP)は2020年5月7日、物流用の自動搬送ロボットの動きを高精度に制御するために荷物のパレットなどに貼るマーカ「DXマーカ」を発表した。荷物にDXマーカを取り付け、これをカメラで読み取って画像処理にかけることで、角度プラスマイナス1度以下の精度で荷物の傾きをセンシングできる。

 DXマーカは、物流用の自動搬送ロボットの動きを高精度に制御するため、荷物のパレットなどに貼るマーカである(写真1)。DXマーカをカメラで読み取って画像処理にかけることで、荷物の位置や傾きなどを正確に把握できる。荷物を載せるパレットのほか、倉庫の棚やコーナーの柱などの位置を特定したい場所などに貼りつけて使う。

写真1:DXマーカの外観写真1:DXマーカの外観
拡大画像表示

 DXマーカには、DXマーカを装着した場所や自動搬送ロボットなどを特定できるIDデータも一緒に埋め込まれている。これらの情報は、カメラ1台と専用ソフトウェアで読み取れる。このため、低コストでモノの動きをデータ化し、管理・解析できるようになる(写真2)。

写真2:DXマーカをカメラで読み取って処理している様子写真2:DXマーカをカメラで読み取って処理している様子
拡大画像表示

 従来、フォークリフトの運転者が荷物をトラックに積み込む際には、荷物の重さや大きさ、傾きなど、作業環境の細かい条件に合わせて、フォークリフトの爪の角度をプラスマイナス1度以下の範囲で微調整していた。一方、自動搬送ロボットは、荷物に貼ってあるマーカを読み取って荷物の位置を認識したり、倉庫内の柱などのマーカを読み取って自身がいる場所を確認したりしている。

 この一方、既存の紙製のマーカでは、紙の収縮、印刷の凹凸や位置精度の低さといった要因によって、搬送ロボットが荷物の傾きなどに合わせてフォークリフトの爪の微調整を行うことが困難となっている。また、汚損が生じやすいという課題がある。こうした背景から、高精度で耐久性があり、かつ安価なマーカが求められていた。

 今回DNPが開発した「DXマーカ」は、厚さ0.7ミリメートル、外形が1辺40ミリメートルと80ミリメートルのガラス基板である。印刷技術の1つで液晶ディスプレイのカラーフィルタで実績があるフォトリソグラフィ技術を活用し、ガラス基板上にプラスマイナス数マイクロメートルの精度でパターニングしている。

 今後DNPは、物流機器メーカーと協業し、DXマーカを使った自動搬送システムの検証を実施する。また、自動搬送を安価なシステムで運用したい物流・製造施設、医療・介護、農業や、測量に使われる自動搬送機器、ロボット、ドローンなどの無人移動体向けに、DXマーカを提供する。販売目標は、2025年度に年間10億円。

関連キーワード

大日本印刷

関連記事

Special

-PR-

大日本印刷、物流用の自動搬送ロボットを高精度に制御できるガラス製マーカを発表大日本印刷(DNP)は2020年5月7日、物流用の自動搬送ロボットの動きを高精度に制御するために荷物のパレットなどに貼るマーカ「DXマーカ」を発表した。荷物にDXマーカを取り付け、これをカメラで読み取って画像処理にかけることで、角度プラスマイナス1度以下の精度で荷物の傾きをセンシングできる。

PAGE TOP