システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

Webシステムに検索エンジンを導入して検索を高速化するサービス、アクロクエストテクノロジー

2020年5月28日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アクロクエストテクノロジーは2020年5月28日、検索エンジンの追加によってWebシステムの検索処理を高速化するサービス「RDB検索高速化サービス」を発表した。Elasticsearchをベースに日本語全文検索に特化した同社のエンジン「ENdoSnipe Search+」を適用する。

 RDB検索高速化サービスは、データベース検索をともなうWebシステムを、検索エンジンの追加導入によって高速化するサービスである。データベースエンジンを用いて検索処理を実施している既存のWebシステムに対し、検索部分だけを検索エンジンに置き換える。既存システムの構成を大きく変更せず、アプリケーション改修量も最小限に抑えながら導入できる(図1)。

図1:「RDB検索高速化サービス」の概要(出典:アクロクエストテクノロジー)図1:「RDB検索高速化サービス」の概要(出典:アクロクエストテクノロジー)
拡大画像表示

 検索エンジンの「ENdoSnipe Search+」は、日本語特有の表記ゆれに対応している。例えば、「齋藤」、「斉藤」の旧字の表記や、「見積もり」「見積り」などの送り字の違いなど、日本語特有の表記ゆれを吸収できる。これにより、見つけたい情報に素早くたどり着けるとしている。

 なお、ENdoSnipe Search+は、ベースとなる検索エンジンとして、Elasticsearchを採用している。Elasticsearchは、検索機能ライブラリのApache Luceneをベースとしたオープンソースの検索エンジンである。データ量が増大し続ける場合にも、全文検索処理を高速に実施できる。

関連キーワード

アクロクエストテクノロジー / Elasticsearch

関連記事

Special

-PR-

Webシステムに検索エンジンを導入して検索を高速化するサービス、アクロクエストテクノロジーアクロクエストテクノロジーは2020年5月28日、検索エンジンの追加によってWebシステムの検索処理を高速化するサービス「RDB検索高速化サービス」を発表した。Elasticsearchをベースに日本語全文検索に特化した同社のエンジン「ENdoSnipe Search+」を適用する。

PAGE TOP