[新製品・サービス]

UiPath、AIモデルをRPAに組み込んで実行できる基盤ソフトウェア「UiPath AI Fabric」を販売

2020年7月29日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

UiPathは2020年7月29日、AI(人工知能)をRPA(ロボットによる業務自動化)のワークフローに組み込むための開発・実行基盤ソフトウェア「UiPath AI Fabric」を発表した。画像認識や自然言語処理などの結果に応じて処理を実行できる。すぐに使えるAIモデルをあらかじめ用意しているほか、UiPath AI Fabricで使える形式でAIモデルを用意することで、自社開発のAIモデルなど任意のAIモデルをRPAのワークフローに組み込める。

 UiPath AI Fabricは、AIをRPAのワークフローに組み込むための開発・実行基盤ソフトウェアである。既存のRPAソフトウェア(RPA設計ツールのUiPath Studioと、RPA実行ツールのUiPath Robots)と組み合わせて使うことによって、画像認識や自然言語処理などのAIモデルをRPAのワークフローに組み込んで利用できる(図1)。

図1:UiPath AI Fabricの活用イメージ。UiPath AI Fabric(AIモデルをRPAに組み込んで実行するための基盤)、UiPath Studio(RPAのワークフローを設計するツール)、UiPath Robots(RPAのワークフローを実行するロボット)、――を組み合わせて使う(出典:UiPath)図1:UiPath AI Fabricの活用イメージ。UiPath AI Fabric(AIモデルをRPAに組み込んで実行するための基盤)、UiPath Studio(RPAのワークフローを設計するツール)、UiPath Robots(RPAのワークフローを実行するロボット)、――を組み合わせて使う(出典:UiPath)
拡大画像表示

 例えば、カスタマサポートに届いた問い合わせメールの内容を判断し、自動的に各部署に振り分ける、といった仕組みを実現できる。UiPath AI Fabricは、こうした仕組みを実装する開発環境であると同時に、こうした仕組みを実行するための実行環境でもある。クラウド環境およびオンプレミス環境の両方で利用できる。

 AIモデルをRPAに組み込むやり方はこうだ。まず、組み込みたいAIモデルを、UiPath AI Fabricに組み込める形式で用意しておく。これにより、自社開発のAIモデルやオープンソースのAIモデルなど、任意のAIモデルを組み込めるようになる。UiPath AI Fabricでは、画像認識や自然言語処理などの、すぐに使えるいくつかのAIモデルを、最初から用意している(図2)。

図2:UiPath AI Fabricが最初から用意している、すぐにRPAに組み込んで使えるAIモデルの例(出典:UiPath)図2:UiPath AI Fabricが最初から用意している、すぐにRPAに組み込んで使えるAIモデルの例(出典:UiPath)
拡大画像表示

 AIモデルを用意したら、UiPath AI Fabricを使って、UiPath Studioで設計しているRPAのワークフローにAIモデルをドラッグ&ドロップする。これにより、RPAのワークフローにAIモデルを組み込める。AIモデルによる判定結果に応じて自動化の処理を切り替えたりできるようになる。

 UiPath AI Fabricに合わせて、RPAロボットによるジョブの実行中に人間のチェックや承認を介在させられる製品「UiPath Action Center」も強化した。AIモデルによる判定結果に対して承認や訂正などの介入を実行することで、AIモデルを再学習させるといった使い方ができる。

 また、UiPath AI Fabric上では、定型フォーマットの帳票データを読み取ってテキスト化するOCR(光学文字読み取り)機能「UiPath Document Understanding」も利用できる。これにより、紙やPDFの帳票をテキスト化して業務システムにデータを入力するといった処理を自動化できる。

関連キーワード

UiPath / UiPath AI Fabric

関連記事

Special

-PR-

UiPath、AIモデルをRPAに組み込んで実行できる基盤ソフトウェア「UiPath AI Fabric」を販売UiPathは2020年7月29日、AI(人工知能)をRPA(ロボットによる業務自動化)のワークフローに組み込むための開発・実行基盤ソフトウェア「UiPath AI Fabric」を発表した。画像認識や自然言語処理などの結果に応じて処理を実行できる。すぐに使えるAIモデルをあらかじめ用意しているほか、UiPath AI Fabricで使える形式でAIモデルを用意することで、自社開発のAIモデルなど任意のAIモデルをRPAのワークフローに組み込める。

PAGE TOP