[新製品・サービス]

Dropbox、機能の一部として電子署名サービス「HelloSign」を利用可能に

2020年9月30日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Dropbox Japanは2020年9月30日、Dropboxの機能の一部として利用できる電子署名サービス「HelloSign」を国内で正式に提供すると発表した。文書にハンコを押印するという既存のワークフローを電子署名に置き換えることを狙う。HelloSignは、米Dropboxが2019年に買収した米HelloSignの電子署名サービスである。

 HelloSignは、Dropboxの機能の一部として利用できる電子署名サービスである(図1)。Dropbox内で数回マウスをクリックするだけで、署名用のファイルを作成して送信できる。

図1:Dropboxの機能の一部として利用できる電子署名サービス「HelloSign」を開始する(出典:Dropbox Japan)図1:Dropboxの機能の一部として利用できる電子署名サービス「HelloSign」を開始する(出典:Dropbox Japan)

 署名の依頼者は、Web画面から署名して欲しいWordファイルなどの文書をアップロードする。次に、署名が必要なフィールドをドラッグ&ドロップで配置する。最後に、署名者のメールアドレスを指定して「署名を依頼」をクリックする。

 署名者には、署名用のURLリンクを含んだメールが届く。署名者は、PCまたはモバイル端末から署名用Webページにアクセスして、文書に署名する。

 HelloSignには、署名済み文書を表示するダッシュボードがある。署名依頼の進捗を追跡して署名者にリマインダーを送信するといった運用ができる。

 署名済みの文書は、暗号化して北米または欧州のいずれかのデータセンターに保存する。文書ごとに、いつ、誰が、どこで(IPアドレス)文書に署名したかを示す、編集不可能な監査証跡が付属する。

 Dropboxで使える22の言語でローカライズしている。Webサイトの表示やチュートリアル用ライブラリなどを各国語で閲覧できる。HelloSignのWeb画面、HelloSign API(近日提供予定)、HelloSign for Salesforceなどの複数の手段で署名機能を利用できる。

関連キーワード

DropBox / HelloSign / 電子署名

関連記事

Special

-PR-

Dropbox、機能の一部として電子署名サービス「HelloSign」を利用可能にDropbox Japanは2020年9月30日、Dropboxの機能の一部として利用できる電子署名サービス「HelloSign」を国内で正式に提供すると発表した。文書にハンコを押印するという既存のワークフローを電子署名に置き換えることを狙う。HelloSignは、米Dropboxが2019年に買収した米HelloSignの電子署名サービスである。

PAGE TOP