[新製品・サービス]

シトリックス、Azure専用で価格を抑えたクラウド型デスクトップ「CVAD Standard for Azure」

2020年11月5日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

シトリックス・システムズ・ジャパンは2020年11月5日、Azure専用のDaaS(クラウド型デスクトップ)サービス「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」(CVAD Standard for Azure)の国内提供を開始した。同社が提供している既存のDaaSサービスとの主な違いは、Azure専用にするなどシンプル化を図って価格を下げたことと、導入しやすいように年額だけでなく月額でも使えるようにしたこと。参考価格は、1000ユーザー1年契約の場合、1ユーザーあたり月額8.75ドルから。最低ユーザー数は25ユーザー。

 Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure(CVAD Standard for Azure)は、Microsoft Azure上に用意した仮想デスクトップをリモート接続して利用できるDaaS(デスクトップアズアサービス)である。米Citrix SystemsのDaaS基盤ミドルウェアを利用する。最低契約数25ユーザーから最大で2000ユーザーまで利用できる。年額または月額で利用できる。中堅中小企業やリモートワーク用途に向く。

 特徴の1つは、DaaS基盤のミドルウェアや仮想デスクトップを動作させるIaaS基盤として、ユーザー企業が契約しているAzure環境をそのまま持ち込んで利用できること。オフィスから近いリージョンや、基幹システムを動作させているリージョンなど、Azureの任意のリージョンをDaaS基盤として利用できる。ただし、Azure以外のパブリッククラウドを選択することはできず、Azure専用のサービスとなる。

 Azure専用としたことで、価格を下げるとともに、導入を容易とした(図1)。導入は、4ステップで済む。(1)既存のAzure契約を持ち込む。(2)マスターイメージをベースに、リンククローンまたはフルクローンでイメージを作成する。(3)ユーザーを割り当てるための仮想マシンのカタログを作成する。(4)Active Directoryアカウントからユーザーやグループをカタログに割り当てる。

図1:既存の上位サービスと比較して、IaaS基盤をAzure専用とすることで価格を抑えた。Azure専用としたことで導入も容易になった。また、年額だけでなく月額でも利用できるようにした(出典:シトリックス・システムズ・ジャパン)図1:既存の上位サービスと比較して、IaaS基盤をAzure専用とすることで価格を抑えた。Azure専用としたことで導入も容易になった。また、年額だけでなく月額でも利用できるようにした(出典:シトリックス・システムズ・ジャパン)
拡大画像表示

 参考価格は、1000ユーザー1年契約の場合、1ユーザーあたり月額8.75ドルから。最低ユーザー数は25ユーザー。記事執筆時点では、パーソルプロセス&テクノロジー、日商エレクトロニクス、SBテクノロジーなどがCVAD Standard for Azureを販売する。

関連キーワード

シトリックス・システムズ・ジャパン / Citrix Cloud

関連記事

Special

-PR-

シトリックス、Azure専用で価格を抑えたクラウド型デスクトップ「CVAD Standard for Azure」シトリックス・システムズ・ジャパンは2020年11月5日、Azure専用のDaaS(クラウド型デスクトップ)サービス「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」(CVAD Standard for Azure)の国内提供を開始した。同社が提供している既存のDaaSサービスとの主な違いは、Azure専用にするなどシンプル化を図って価格を下げたことと、導入しやすいように年額だけでなく月額でも使えるようにしたこと。参考価格は、1000ユーザー1年契約の場合、1ユーザーあたり月額8.75ドルから。最低ユーザー数は25ユーザー。

PAGE TOP