[新製品・サービス]

日立ソリューションズ・クリエイト、セキュリティ人材育成教育サービスを提供、講師はホワイトハッカー認定者

2020年11月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズ・クリエイトは2020年11月17日、セキュリティ人材の育成を目的としたオンライン教育サービス「サイバーセキュリティトレーニング」を販売開始した。電子商取引コンサルタント国際評議会(EC-Council)がホワイトハットハッカーであると認定した日立ソリューションズ・クリエイトの専任技術者が講師を務める。

 「サイバーセキュリティトレーニング」は、セキュリティ人材の育成を目的としたオンライン教育サービスである(図1)。日立ソリューションズ・クリエイトのホワイトハットハッカーが講師を務める。

図1:「サイバーセキュリティトレーニング」のレベル(出典:日立ソリューションズ・クリエイト)図1:「サイバーセキュリティトレーニング」のレベル(出典:日立ソリューションズ・クリエイト)
拡大画像表示

 特徴の1つは、講義動画の配信だけでなく、双方向のライブ中継によって、リアルタイムに質疑応答ができることである。講義動画は一定期間繰り返し再生できるため、自分のペースで学習できる。疑問点は別途ライブ形式の質疑応答で解決できる。

 教材の作成と講義は、日立ソリューションズ・クリエイト所属で電子商取引コンサルタント国際評議会(EC-Council)の認定を受けたホワイトハットハッカーが行う。講義には、マルウェアやサイバー攻撃の疑似体験も含まれており、現場で役立つノウハウやスキルを体験しながら習得していく。

 講義では、セキュリティのトレンドも解説する。日立グループでマルウェア解析をしている現場の研究者などと日立ソリューションズ・クリエイトホワイトハットハッカーが、セキュリティの最新情勢を交えた対談を実施する。

 コース内容は、表1の通り。セキュリティ担当者(初級者)およびサイバーセキュリティについて学びたい人を対象に、サイバー攻撃を受けた時の対応にフォーカスした入門・初級のトレーニングを用意した。今後、中級・上級レベルのコースの追加、トレーニングコースの拡充を図っていく予定。

 各コースは、講義動画(約3時間、視聴期間1カ月)+ライブ中継によるリアルタイムな質疑応答(約1時間)を予定している。各コースの講義動画は、1件あたり10~15分程度の細かい動画で構成する。

表1:「サイバーセキュリティトレーニング」のコース(出典:日立ソリューションズ・クリエイト)
レベル コース名 コース概要 価格(税別)
入門 情報セキュリティ対策(基礎) 情報セキュリティの基本的な概念と対策技術を習得できる。身近な脅威を実際に映像で体感しながら、脅威を見分けるための着眼点や、初動対応について学べる 2万5000円
初級 マルウェア対策(基礎) マルウェアの一般的な種類とその対策技術を習得できる。代表的なマルウェアの挙動を映像で体感しながら、攻撃者の手順を学び、脅威からの防御という考え方を学べる 2万5000円
初級 脆弱性対策(基礎) 一般的な脆弱性の危険性とその対策技術を習得できる。脆弱性をついた攻撃例を映像で体感しながら、攻撃者の手順、それぞれの攻撃段階における防御について学べる 2万5000円
初級 サイバー攻撃対策(基礎) サイバー攻撃の一般的な種類とその対策方法を習得できる。サイバー攻撃の手順を映像で確認しながら、サイバーキルチェーンの攻撃行動、必要になる「技術」「人」「組織」それぞれの対策について学べる 2万5000円
関連キーワード

日立ソリューションズ・クリエイト / セキュリティ人材 / ホワイトハッカー

関連記事

Special

-PR-

日立ソリューションズ・クリエイト、セキュリティ人材育成教育サービスを提供、講師はホワイトハッカー認定者日立ソリューションズ・クリエイトは2020年11月17日、セキュリティ人材の育成を目的としたオンライン教育サービス「サイバーセキュリティトレーニング」を販売開始した。電子商取引コンサルタント国際評議会(EC-Council)がホワイトハットハッカーであると認定した日立ソリューションズ・クリエイトの専任技術者が講師を務める。

PAGE TOP