[新製品・サービス]

NTTテクノクロス、音声認識や音声合成のクラウドAPIを共通化するプロキシ「Voice AI Proxy」

2021年6月1日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTテクノクロスは2021年6月1日、各社のクラウド型音声系サービスのAPIを束ねて共通化するプロキシサーバーソフトウェア「Voice AI Proxy」を発表した。同日販売を開始した。利用する音声系サービスに応じてAPIを使い分ける必要がなくなる。音声認識5種類や音声合成3種類など、記事執筆時点で13種類の音声系サービスのAPIを収容する。今後、Voice AI Proxy経由で利用できるAPIを順次増やしていく。価格は、要問い合わせ。

 Voice AI Proxyは、各社のクラウド型音声系サービスのAPIを束ねて共通化するプロキシサーバーソフトウェアである(図1)。利用する音声系サービスに応じてAPIを使い分ける(ソフトウェアをカスタマイズする)必要がなくなる。音声系サービスの導入時や切り替え時のシステム開発負荷を軽減できる。

図1:「Voice AI Proxy」の利用イメージ(出典:NTTテクノクロス)図1:「Voice AI Proxy」の利用イメージ(出典:NTTテクノクロス)
拡大画像表示

 13種類のAPIを、5つのタイプ別に共通化した(表1)。音声認識×5種類、音声合成×3種類、自然言語処理(対話)×2種類、自然言語処理(分類)×2種類、音声感情解析×1種類、である。例えば、音声認識APIの場合、Google CloudやAzureの音声認識APIを、すべて同じ手順で利用できるようになる。

表1:Voice AI Proxy経由で利用できる音声系API
タイプ 対応数 対応サービス
音声認識 5 SpeechRec Cloud
COTOHA API
Google Cloud Speech-to-Text
IBM Watson Speech to Text
Microsoft Azure Speech to Text
音声合成 3 FutureVoice Crayon Cloud
Google Cloud Text-to-Speech
IBM Watson Text to Speech
自然言語処理(対話) 2 Google Dialogflow
IBM Watson Assistant
自然言語処理(分類) 2 Google AutoML Natural Language
IBM Natural Language Classifier
音声感情解析 1 Empath

 IVR(音声自動応答)ソフトウェア「VoiceMall」のオプションとして販売する。まずはVoiceMallのオンプレミス版に対して提供する。今後、VoiceMallのクラウド版(SaaS版)に対しても提供する。

関連キーワード

NTTテクノクロス

関連記事

Special

-PR-

NTTテクノクロス、音声認識や音声合成のクラウドAPIを共通化するプロキシ「Voice AI Proxy」NTTテクノクロスは2021年6月1日、各社のクラウド型音声系サービスのAPIを束ねて共通化するプロキシサーバーソフトウェア「Voice AI Proxy」を発表した。同日販売を開始した。利用する音声系サービスに応じてAPIを使い分ける必要がなくなる。音声認識5種類や音声合成3種類など、記事執筆時点で13種類の音声系サービスのAPIを収容する。今後、Voice AI Proxy経由で利用できるAPIを順次増やしていく。価格は、要問い合わせ。

PAGE TOP