[市場動向]

Python言語のコーディング作法を問う「PythonZen & PEP 8 検定試験」、2021年10月から無料で開始

2021年7月16日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会は2021年7月16日、Python言語の新たな認定試験「PythonZen & PEP 8 検定試験」を発表した。受験料は無料のオンライン試験で、同年10月から開始する。品質が高くメンテナンスしやすいコードを書くための前提として、適切な文法や作法を身に付けているかどうかを問う。

 「PythonZen & PEP 8 検定試験」は、Pythonエンジニア育成推進協会が2021年10月から無料で開始するオンラインの認定試験である。同言語の適切な文法や作法を身に付けているかどうかを問う。既存の認定試験「Python3 エンジニア認定基礎試験」(文法基礎を問う)と「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」(データ分析の基礎や方法を問う)に次ぐ3つ目の試験となる。

 検定試験の問題は、Pythonコードを書く上での心得となる格言をまとめた「PythonZen」(The Zen of Python)と、Pythonコードの作法をまとめたコーディングスタイルガイド「PEP 8(Style Guide for Python Code)」(画面1)を参照文献に作成する。PythonZenとPEP 8から出題することで、受験者がPythonZenとPEP 8の心得にならっているかどうかを確認できる。

画面1:Pythonコードの作法をまとめたガイド「PEP 8(Style Guide for Python Code)」を掲載しているWeb画面(出典:Python Software Foundation)画面1:Pythonコードの作法をまとめたガイド「PEP 8(Style Guide for Python Code)」を掲載しているWeb画面(出典:Python Software Foundation)
拡大画像表示

 PythonZenとPEP 8は、いずれもPythonのWebサイトで閲覧することができる(PythonZenPEP 8)。PythonZenに収録された格言の例には、「Beautiful is better than ugly.」(醜いよりも美しいほうがよい)や、「Explicit is better than implicit.」(暗黙的であるよりも明示するほうがよい)、「Simple is better than complex.」(複雑よりも単純なほうがよい)、「Flat is better than nested.」(入れ子が深いよりもフラットなほうがよい)、などがある。

 PythonZen & PEP 8 検定試験を始める背景について、Pythonエンジニア育成推進協会は、「Python需要の増加に伴い、Pythonの関連書籍やプログラミングスクールが増える一方、Pythonを知らない人が書いている書籍やPythonZenやPEP 8を知らない講師が、不適切なPython文法を教えてしまうケースが散見されている。このままの状況が続くと、不適切なPython文法を書いてしまうPythonエンジニアが増える可能性がある」と説明している。

 試験問題は20問(すべて選択問題)で、出題比率はPythonZenとPEP 8で半分半分を予定している。あらかじめ用意した40問の中から、出題比率を変えずに毎回ランダムに20問を出題する。合格ラインは正答率70%となっている。試験方式はWBT(Web-Based Training、Webブラウザから受験)で、検定試験にパスした場合、マイページから認定証をダウンロードできる。

●Next:コーディングスタイルであるPEP 8からの出題例

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Python / Pythonエンジニア育成推進協会 / PythonZen / eラーニング / 教育プログラム

関連記事

Special

-PR-

Python言語のコーディング作法を問う「PythonZen & PEP 8 検定試験」、2021年10月から無料で開始一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会は2021年7月16日、Python言語の新たな認定試験「PythonZen & PEP 8 検定試験」を発表した。受験料は無料のオンライン試験で、同年10月から開始する。品質が高くメンテナンスしやすいコードを書くための前提として、適切な文法や作法を身に付けているかどうかを問う。

PAGE TOP