[新製品・サービス]

RPA管理ツール「WinActor Manager on Cloud」新版、シンプルなUIでロボット実行予約を容易に

2022年6月20日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2022年6月20日、RPAソフトウェア「WinActor」の管理クラウドサービス「WinActor Manager on Cloud」の新版(Ver.3.6)を発表した。管理者向けの操作画面とは別に、現場担当者向けのシンプルな操作画面「シンプルモード」を追加し、ロボット実行予約などが容易に行えるようになった。

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)の「WinActor Manager on Cloud」(WMC)は、RPAソフトウェア「WinActor」の管理サーバー機能をクラウドで提供するサービスである(関連記事NTT-AT、複数のRPAソフトを集中管理するクラウド「WinActor Manager on Cloud」を強化画面1)。

図1:RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「WinActor」の管理サーバー機能をクラウドで提供するサービス「WinActor Manager on Cloud」の概要(出典:NTTアドバンステクノロジ)図1:RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「WinActor」の管理サーバー機能をクラウドで提供するサービス「WinActor Manager on Cloud」の概要(出典:NTTアドバンステクノロジ)
拡大画像表示

 複数のWinActorの動作状況を集中管理し、待機状態のWinActorにタスクを割り当てて負荷分散を図ったり、シナリオをスケジュール実行したりすることが可能。また、実行シナリオをクラウド側で管理することで、稼働実態が把握されない“野良ロボット”を抑制する。

 新版(Ver.3.6)では、シナリオ管理を行う管理者向けの操作画面とは別に、現場担当者向けのシンプルな操作画面「シンプルモード」を追加した。と使い分けられるようにした。現場担当者は、シンプルモードから、ロボットの実行予約を容易に行えるようになった(画面1)。

画面1:「シンプルモード」の画面(出典:NTTアドバンステクノロジ)画面1:「シンプルモード」の画面(出典:NTTアドバンステクノロジ)
拡大画像表示

 シンプルモードでは、ログイン、シナリオ選択、ロボットの空き時間の確認の3ステップでシナリオを実行する。空き時間の無駄を減らし、ロボットの稼働率を向上させる。また、ロボットの安全な運用のために、各ユーザーの実行状況をログとして記録する。

 新版では、シナリオの実行順序などを制御する「アンサンブル機能」に、「アンサンブルエディタ」を追加している。ドラッグ&ドロップ操作で連結シナリオを実行順に並び替えるといったように、直感的な操作を可能にしている。

 アンサンブル機能に含まれる「シナリオの連結」は、シナリオの実行結果を次のシナリオに入力するなど、複数のシナリオを連結して実行する機能。「条件分岐」は、シナリオの実行結果を基に次に実行するシナリオを決定する機能。「承認」は、後段の処理を続けるかどうかをユーザーに判断させる機能。「データ駆動」は、データを登録したタイミングでロボットの動作を開始する機能である。

関連キーワード

NTTアドバンステクノロジ / WinActor

関連記事

Special

-PR-

RPA管理ツール「WinActor Manager on Cloud」新版、シンプルなUIでロボット実行予約を容易にNTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2022年6月20日、RPAソフトウェア「WinActor」の管理クラウドサービス「WinActor Manager on Cloud」の新版(Ver.3.6)を発表した。管理者向けの操作画面とは別に、現場担当者向けのシンプルな操作画面「シンプルモード」を追加し、ロボット実行予約などが容易に行えるようになった。

PAGE TOP