[イベントレポート]

ビジネス活用が広がるAndroidタブレット─「Tablet Solution Award 2012」受賞7ソリューションを一挙紹介

2012年4月20日(金)IT Leaders編集部

2012年2月28日、Androidタブレットを活用した法人向けソリューションのコンテスト「Tablet Solution Award 2012」(主催:インプレスビジネスメディア)の表彰式が開催された。全142の応募ソリューションの中から、日本ユニシスのクラウド型タクシー配車システム「smartaxi」」がグランプリ(最優秀賞)を獲得。その他6社のソリューションが協賛企業賞や特別賞を受賞した。本稿では、同コンテスト各賞の受賞ソリューションを紹介する。

グランプリグランプリ
smartaxi
日本ユニシス
タブレットとクラウドで効率的・迅速なタクシー配車を実現

デジタル無線に代わるSaaS型ソリューションを提供

タクシー事業者は各車のドライバーに呼びかけて配車を行うために無線を用いているが、これまで主に使用してきたアナログ無線は2016年6月までに完全停波することが決まっており、デジタル無線への移行が急がれている。しかし、多くのタクシー事業者は、依然として続く経済不況の影響やタクシー台数の適正化対応などによって厳しい経営を強いられており、デジタル無線の導入に踏み切れないでいる。

タクシー業界が直面しているこの課題に着目し、日本ユニシスが開発したのが「smartaxi」(スマートタクシー)である。同社 流通第二事業部 ビジネスサービス営業四部 サービスイノベーションプロジェクトの村島光太郎氏は、同システムを次のように説明する。

「smartaxiは、タクシー無線に比べて不感地帯が少ないNTTドコモの携帯電話回線を使用し、車載端末として汎用的なAndroidタブレット端末(GALAXY Tab)を採用しています。デジタル無線に移行する際に必須となる基地局(アンテナ)の建設や専用端末の配布などの設備投資は不要なうえ、バックエンドの配車システムをタクシー会社側で個別に導入・構築するのではなく、SaaS型サービスとして日本ユニシスが提供します」

同社は、タクシー業界最大手のkmホールディングス(以下、km)と協業。横浜市を営業エリアとするkmグループのケイエム国際タクシーとともに2011年8月より実用化検証を実施し、翌9月にsmartaxiの本番稼働を開始した。

タクシー利用者に一番近い車両をシステムが検索して自動的に配車

smartaxiを活用することで、どのような配車が可能となるのだろうか。

まず、空車状態で街を走っているタクシーに搭載されたAndroidタブレット端末のGPS情報が、日本ユニシスのエンタープライズクラウドサービス「U-Cloud」にリアルタイムに集められ、各車両の現在位置が地図画面上に表示される。タクシー会社の配車センターのオペレーターは、タクシー利用者から迎車依頼を受けると、あらかじめ顧客データベースに登録されている固定電話番号からCTI(Computer Tele-phony Integration)連携によって自宅位置を検索する、あるいは今いる場所を直接ヒアリングして、同じ地図画面上にフラグを立てる。

すると、タクシー利用者の現在位置から一番近くにいる車両が検索され、対象車のドライバーへの呼びかけ、利用者のもとへのナビゲーション、到着予定時間の計算など、配車に関する一連の処理が自動的かつ迅速に行われる。流通第二事業部 システムサービス四部 システム3プロジェクトの主任である楡亮輔氏は、さらにこのように補足する。

「タクシー依頼者の一番近くにいる車両の検索は、直線距離ではなく実際のルート検索で行うため、かなりの高精度で到着予定時間を計算できます。なお、smartaxiを運営するU-Cloudと配車センター、車載端末の間の通信すべてを秘匿通信で行うとともに、利用者に関する情報は車載端末には一切残しません。万一、車載端末が盗難に遭った場合には、smartaxiとの接続がセンター側から遮断されます」

アジャイル開発を推進し現場のニーズを迅速に反映

「Tablet Solution Award 2012」表彰式の模様 「Tablet Solution Award 2012」表彰式の模様

もっとも、ここまで漕ぎ着けるまでに、さまざまな苦労があったのも事実だ。

「ケイエム国際タクシーのドライバーの方々と何度も話し合いを重ね、試行錯誤しながらユーザーインタフェースの設計にあたりました」と語るのは、システム統括部 Webビジネス技術室の担当マネージャを務める真野悟氏である。

「タクシードライバーの中には60歳以上の比較的高齢な方も多く、特に強く求められたのが、『文字を読みやすく』『タッチパネルのボタンはできるだけ大きく』といった要望です。これらの内容を素早く端末に反映し、ふたたび評価を受けることで、ユーザーインタフェースを洗練していきました」(真野氏)

同氏はそうした観点からも、一般的なカーナビと同等の7インチという画面サイズで高い視認性を持つとともに、マルチタスクのアプリケーションを容易に開発・統合できるAndroid OSを搭載したGALAXY Tabを採用したことは、ベストな選択であったと考えているという。

サーバー側ではオブジェクト指向プログラム言語の「Ruby」、それをベースとしたWebアプリケーション開発フレームワークの「Ruby on Rails」を全面採用。配車センターで使用するオペレーター用の画面を含め、バックエンドのシステム構築を行ってきた。システム統括部 Webビジネス技術室 Rubyセンターの主任である篠田健氏は、そこでの取り組みを次のように語る。

「タクシー配車のような、臨機応変な対応が求められる業務には、その時々の状況にあわせて画面表示を変化させる動的なWebアプリケーションが最適です。こうしたシステム開発で最も高い生産性を発揮するのが、Ruby on Railsなのです。すべての処理をRuby/Ruby on Rails環境で実装していくことでアジャイル開発を推進し、現場から寄せられる多様なニーズを取り入れてきました」

タクシーに搭載されたAndroidタブレット端末に表示された「smartaxi」
タクシーに搭載されたAndroidタブレット端末に表示された「smartaxi」

クラウドならではのメリットを活かしさらなるサービス拡充を目指す

こうして約80台の車両を対象に稼働を開始したsmartaxiは、すでに大きな成果をもたらしている。アナログ無線による手配に比べ、配車効率が大幅に向上した。

「配送センターのオペレーターの方からは、『迎車依頼が殺到する雨の日でも、以前の30%以上の配車実績を上げている』という評価をいただきました。また、最適なタクシーを自動で見つけて配車するため、各ドライバーに対して平等かつ均等に指示を送ることが可能となり、営業面でも大きな貢献を果たしています」と楡氏は語る。

この実績をもとに、日本ユニシスではsmartaxiを全国各地の他のタクシー会社にも積極的に展開していく考えだ。流通第二事業部 ビジネスサービス営業四部 サービスイノベーションプロジェクトの山本恵美氏は、smartaxiビジネスの現状を次のように語る。

「全国にある日本ユニシスの営業網を利用して展開するなど、営業活動を本格化させています。すでに数社から具体的な引き合いが寄せられています」

一方、日本ユニシスでは、smartaxiのさらなる機能強化やサービス拡充を見据えた構想にも着手している。

「既存サービスの『無事故プログラムDR(ドライブレコーダー)』、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)向け充電インフラシステムサービス『smart oasis』との連携をはじめ、タクシー利用頻度の高い顧客に向けた配車依頼アプリの提供、他のクラウドサービスとの連携など、さまざまな機能拡張のあり方を検討しています」(村島氏)

問い合わせ先 ● 日本ユニシス株式会社
URL:http://www.unisys.co.jp/solution/smartaxi/
Mail:smartaxi-info@ml.unisys.co.jp
 
 
この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

Android / アワード / インプレス / タブレット

関連記事

Special

-PR-

ビジネス活用が広がるAndroidタブレット─「Tablet Solution Award 2012」受賞7ソリューションを一挙紹介2012年2月28日、Androidタブレットを活用した法人向けソリューションのコンテスト「Tablet Solution Award 2012」(主催:インプレスビジネスメディア)の表彰式が開催された。全142の応募ソリューションの中から、日本ユニシスのクラウド型タクシー配車システム「smartaxi」」がグランプリ(最優秀賞)を獲得。その他6社のソリューションが協賛企業賞や特別賞を受賞した。本稿では、同コンテスト各賞の受賞ソリューションを紹介する。

PAGE TOP