ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[市場動向]

NTTデータ、ゴーグルを用いたVR会議システムを開発、2020年度に社内で利用開始

2019年8月19日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2019年8月19日、説明会を開き、同社が開発しているVR(仮想現実)会議システムをデモンストレーションした。社内での試用では、利用者から「一般的なWeb会議よりも良いが、顧客との打ち合わせにはまだ使えない」といったフィードバックを得た。2020年度に社内で本格導入し、その後に顧客向けにも提供する。

 NTTデータは、研究開発の1分野として、VR(仮想現実)を活用した会議システムを開発している。「VRによって、会議など、テレワークでは遂行が難しかった業務もテレワークで実施できるようになる」と、NTTデータの山田達司氏(写真1)は説明する。

写真1:NTTデータの技術革新統括本部技術開発本部エボリューショナルITセンタ次世代イノベーション技術担当でシニア・スペシャリストを務める山田達司氏写真1:NTTデータの技術革新統括本部技術開発本部エボリューショナルITセンタ次世代イノベーション技術担当でシニア・スペシャリストを務める山田達司氏
拡大画像表示

 NTTデータは、同社社員へのヒアリングから、テレワークでも遂行しやすい業務(メールチェック、資料の作成、技術調査)と、テレワークでは遂行が難しい業務(会議、取引先との打ち合わせ、紙ベースの仕事)が判明していることを明らかにし、これが製品開発の背景になっているという。

 開発したVR会議システムは、機器としてVRゴーグルを使う(写真2)。会議の参加者それぞれがVRゴーグルを装着する。社内の会議室や自席、自宅や外出先などからオンライン上の仮想的な会議スペースに入出する。

写真2:VRゴーグルを装着して会議に参加している様子写真2:VRゴーグルを装着して会議に参加している様子
拡大画像表示

 従来の遠隔会議システムに不足している臨場感などを、VR技術によって改善する。これにより、対面以上のコミュニケーションの実現を目指す。

 まずは、社内において、2020年度から利用する。その後、顧客向けのシステム構築案件においても、CRMシステムなどのオプションとしてVR会議システムを提供する。

音声を認識してリアルタイムにテキスト化、資料も共有

 特徴を3つ挙げている。1つ目は、参加者を模したリアルなアバター(CGキャラクタ)として会議に参加できることである。頭の向きや手の動きを反映し、発言によって表情が変化する。音声は、発話者がいる方向から聞こえる。特定の参加者とだけ会話をする機能も持つ。

 2つ目は、音声を認識してリアルタイムにテキスト化し、ふきだしで表示できることである。翻訳機能も持っており、外国語を話すメンバーともコミュニケーションがとれる(画面1)。

画面1:VR会議のデモンストレーションの様子。音声で発言した内容をテキスト化してふきだしで表示している画面1:VR会議のデモンストレーションの様子。音声で発言した内容をテキスト化してふきだしで表示している
拡大画像表示

 3つ目は、ファイルサーバー上にある資料やWeb上のコンテンツを音声で検索し、内容を確かめたうえで会議中で共有できること。資料内の小さい文字や細かい図表などをズーム表示機能によって詳細に確認することもできる。

 音声を使って会議のメモを記録する機能もある。メモをとっている間は、発話音声は他のメンバーには聞こえない。会議の内容(メンバーの発言内容など)を、チャット画面風のWebコンテンツとしてリアルタイムに中継する機能も備える。これにより、会議に参加していないメンバーも会議の様子を把握できる。

●Next:VR会議システムの実用化に向けた課題は?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

NTTデータ / VR/AR/MR / Web会議システム / デジタルワークプレイス

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、ゴーグルを用いたVR会議システムを開発、2020年度に社内で利用開始NTTデータは2019年8月19日、説明会を開き、同社が開発しているVR(仮想現実)会議システムをデモンストレーションした。社内での試用では、利用者から「一般的なWeb会議よりも良いが、顧客との打ち合わせにはまだ使えない」といったフィードバックを得た。2020年度に社内で本格導入し、その後に顧客向けにも提供する。

PAGE TOP