[新製品・サービス]

Blue Prism、新たにパートナー3社が拡張機能をリリース、文書データ抽出やチャットボットなど

2020年2月28日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェアを手がけるBlue Prismは2020年2月28日、Blue Prismのユーザーがアプリストアなどを介して入手できる新たな拡張機能を紹介した。文書ファイルからのデータ抽出、チャットボット、ワークフローのオーケストレータの3つの新機能を利用できるようになった。英Blue Prismが2020年2月25日(英国現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳として日本法人のBlue Prismが発表した。

 英Blue Prismは、RPAソフトウェアを開発・提供しているベンダーである。Blue Prismの特徴の1つが、「アプリストア」やオンラインコミュニティ「Digital Exchange(DX)」を介して、Blue Prismの機能を拡張するソフトウェアを入手できることである。サードパーティ各社が、Blue Prism用に拡張機能を開発し、提供している。Blue Prismのユーザーは、ドラッグ&ドロップ操作だけで、コーディングすることなく機能を追加できる。

 今回、英Blue Prismは、アプリストアやオンラインコミュニティを介して拡張機能を提供するベンダーとして、新たに3社が加わったと発表した。文書ファイルからデータを抽出する機能を提供する米GLYNT.AI、チャットボットを提供するコンシェルジュ(サービスブランド名は「Kuzen」)、ワークフローのオーケストレータ機能を提供する米PMG.netである。

画面1:米GLYNT.AIの文書データ抽出ソフトウェアの利用イメージ(出典:米GLYNT.AI)画面1:米GLYNT.AIの文書データ抽出ソフトウェアの利用イメージ(出典:米GLYNT.AI)
拡大画像表示

 米GLYNT.AIは、PDFやFAXスキャン画像など、各種の文書ファイルを分類し、これらをデータに変換する機能を提供する(画面1)。マシンラーニング(機械学習)を使い、各種のフォームや請求書といった非定型の文書からデータを抽出し、後工程で扱いやすいデータに変換する。背景には、RPAの自動化ワークフローのほとんどが、こうした文書ファイルを起点として実行するという状況がある。

 コンシェルジュ(サービスブランド名は「Kuzen」)は、チャットボット機能を提供する。Googleカレンダー、Salesforce.com、SAP ConcurなどのアプリケーションをSlackと連携させることができる。例えば、会議後に会議に関連した情報をSlack上のチャットボットで収集し、新しい会議や経費請求などのデータを他のシステムに自動で入力する、といったことができる。

 米PMG.netは、業務プロセスを自動化するオーケストレーションエンジンを提供する。Blue Prismで作成したいくつかのRPAワークフローを含めて、エンドツーエンドで業務プロセスを自動化できる。デザイナーツールを使うことで、ドラッグアンドドロップ操作で業務プロセスを構築できる、としている。

関連キーワード

Blue Prism

関連記事

Special

-PR-

Blue Prism、新たにパートナー3社が拡張機能をリリース、文書データ抽出やチャットボットなどRPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェアを手がけるBlue Prismは2020年2月28日、Blue Prismのユーザーがアプリストアなどを介して入手できる新たな拡張機能を紹介した。文書ファイルからのデータ抽出、チャットボット、ワークフローのオーケストレータの3つの新機能を利用できるようになった。英Blue Prismが2020年2月25日(英国現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳として日本法人のBlue Prismが発表した。

PAGE TOP