[事例ニュース]

全日空、訓練施設にローカル5Gを導入、訓練のパーソナライズ化でオペレーション品質を向上

2020年3月30日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

全日本空輸(ANA)は2020年3月30日、実務訓練を実施するANAグループの総合トレーニングセンター「ANA Blue Base」にローカル5Gを導入すると発表した。NECが取得したローカル5Gの実験免許を活用する。NECは、5Gネットワーク機器(コア、基地局、端末など)も提供する。

写真1:訓練施設「ANA Blue Base」の外観(出典:全日本空輸)写真1:訓練施設「ANA Blue Base」の外観(出典:全日本空輸)
拡大画像表示

 ANA Blue Baseは、ANAグループの訓練施設である(写真1)。3万平方メートル以上の敷地面積を持つ。同施設にローカル5Gを導入する。高速・低遅延といった5Gの特徴を活用し、訓練をパーソナライズ化してオペレーションの品質を高める。また、パートナ企業と共創して、新たなサービスを開発する。

 例えば、現在実施している訓練では収集しきれなかった、姿勢、手順、視線、訓練生の感情変化などのデータを、ローカル5Gに接続したカメラ、視線測定機器、バイタルセンサ、VRゴーグルなどのデバイスからリアルタイムに収集して分析する。これを一人ひとりにフィードバックすることで、訓練の効果を高める。

 また、パートナ企業が提供する新たな技術をローカル5G上で活用し、ANA Blue Base内の端末やシミュレータ、モックアップなどと組み合わせる。これにより、新たなサービスを開発する。

関連キーワード

全日本空輸 / ローカル5G

関連記事

Special

-PR-

全日空、訓練施設にローカル5Gを導入、訓練のパーソナライズ化でオペレーション品質を向上全日本空輸(ANA)は2020年3月30日、実務訓練を実施するANAグループの総合トレーニングセンター「ANA Blue Base」にローカル5Gを導入すると発表した。NECが取得したローカル5Gの実験免許を活用する。NECは、5Gネットワーク機器(コア、基地局、端末など)も提供する。

PAGE TOP