[新製品・サービス]

マクニカ、製造業の工場に向けてセンサーデータ活用システムをパッケージ化、月額制で提供

業務と工程のマトリックスでサービスをモジュール化

2020年4月27日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

マクニカは2020年4月27日、製造業に向けて、スマートファクトリーの構築を支援するITシステムパッケージ「Digital Synergy Factory.macnica.ai」(以下、Digital Synergy Factory)を発表した。マクニカの知見、技術、サービスを体系化したサービスであり、業務別・工程課題別にモジュール化して、月額制で提供する。価格の例として、組立工程を見える化するサービスで、月額10万円から。2020年度中に10種以上のサービスを提供する予定。販売目標は、2025年度までに150億円。

 マクニカのDigital Synergy Factoryは、製造業に向けて、スマートファクトリーの構築を支援するITシステムパッケージである(図1)。業務別・工程課題別にサービスを体系化して、順次提供する。具体的には、組立工程の見える化、監視対象設備の予知保全、外観検査の自動化、基礎実装工程の品質向上といったモジュールをパッケージ化して提供する。

図1:スマートファクトリーの構築を支援するITシステムパッケージ「Digital Synergy Factory」の全体像(出典:マクニカ)図1:スマートファクトリーの構築を支援するITシステムパッケージ「Digital Synergy Factory」の全体像(出典:マクニカ)
拡大画像表示

 ユーザーは、課題別に分かれたモジュール型のサービスを自由に組み合わせ、段階的にスマートファクトリを実現できる。「やれることをやるのではなく、やりたりことを選んで、簡単かつ迅速に導入できる」(マクニカでインダストリアルソリューション事業部事業部長を務める阿部幸太氏)とアピールする。

センサーデータを工場の運営に役立てる

 サービスの狙いは、スマートファクトリーの実現によって、製造業のデジタル変革を支援すること。工場から得られるセンサーデータをAIで分析し、分析結果を工場の運営に活用する、というフィードバックループを回すことで、データの活用に基いた工場運営が実現できる、というシナリオである(図2)。

図2:工場から得られるセンサーデータをAIで分析し、分析結果を工場の運営に活用できるようにする(出典:マクニカ)図2:工場から得られるセンサーデータをAIで分析し、分析結果を工場の運営に活用できるようにする(出典:マクニカ)
拡大画像表示

 Digital Synergy Factoryは、「サービス導入時の、期待と効果のギャップを最小限にできる」とマクニカはアピールする。データ活用の効果は、センサーデータの分析結果を工場の運営に役立てるフィードバックループが回り始めると伸びる。この一方で、導入したばかりのうちは、投資に見合った効果が出にくく、期待と効果のギャップがあるという。

 サービスの要素として、要件定義コンサルティング、センシングとデータ分析、AIアルゴリズムの開発、システム構築、――などを提供する。サービスの体系化にあたっては、マクニカがこれまで200社の製造業に対して実施してきたシステム構築案件で得た知見を反映した、としている。

●Next:Digital Synergy Factoryの拡充予定モジュール、価格

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

マクニカ / スマートファクトリー

関連記事

Special

-PR-

マクニカ、製造業の工場に向けてセンサーデータ活用システムをパッケージ化、月額制で提供マクニカは2020年4月27日、製造業に向けて、スマートファクトリーの構築を支援するITシステムパッケージ「Digital Synergy Factory.macnica.ai」(以下、Digital Synergy Factory)を発表した。マクニカの知見、技術、サービスを体系化したサービスであり、業務別・工程課題別にモジュール化して、月額制で提供する。価格の例として、組立工程を見える化するサービスで、月額10万円から。2020年度中に10種以上のサービスを提供する予定。販売目標は、2025年度までに150億円。

PAGE TOP