システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

アイレット、サーバー100台以上の大規模システムを対象にAWSへの移行支援サービスを開始

2020年4月30日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アイレットは2020年4月30日、オンプレミス環境で稼働している業務システムをAmazon Web Services(AWS)へと移行するサービスとして、サーバー100台以上の大規模システムを想定した「migrationpack for enterprise」を開始した。価格は個別見積もり。対象システムのアセスメント(サービス適用のための事前調査)は無償で提供する。

 migrationpack for enterpriseでは、オンプレミス環境で稼働している業務システムをAWSへと移行するサービスである(図1)。移行のために必要なアセスメント、要件定義、移行設計、AWS上のシステム構成、運用設計、AWS環境の構築・移行作業、不要になったハードウェア機器の買い取り、――など、AWSへの移行を全般的に支援する。

図1:「migrationpack for enterprise」の概要(出典:アイレット)図1:「migrationpack for enterprise」の概要(出典:アイレット)
拡大画像表示

 特徴は、サーバー100台以上の大規模システムを想定していること。大規模システムは構成が複雑になりがちでクラウドを適用しにくいことから、クラウド化に踏み出せていないケースがある。こうした状況を受けてアイレットは、移行を検討する際に不可欠なアセスメント作業を無償で提供する。これにより、大規模システムのクラウドへの移行を促進する。

 アセスメントでは、現状のネットワーク、サーバー、アプリケーションの構成、実際に行われている運用、――などについて詳細に調査する。AWSへの移行はオンプレミス環境間の移行とは異なる特性があるため、移行対象のシステムとAWSにおける双方の特徴を意識してアセスメントを実施する。

 アイレットは、1900社を超えるクラウド導入実績があり、専門スキルを持っているとアピールしている。

関連キーワード

アイレット / AWS

関連記事

Special

-PR-

アイレット、サーバー100台以上の大規模システムを対象にAWSへの移行支援サービスを開始アイレットは2020年4月30日、オンプレミス環境で稼働している業務システムをAmazon Web Services(AWS)へと移行するサービスとして、サーバー100台以上の大規模システムを想定した「migrationpack for enterprise」を開始した。価格は個別見積もり。対象システムのアセスメント(サービス適用のための事前調査)は無償で提供する。

PAGE TOP