コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[調査・レポート]

Web会議システムの満足度はSkypeがトップ、無料で利用できる点を評価─MM総研

シェアは、Zoomが35%、Skypeが18%、Teamsが18%

2020年5月22日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

MM総研は2020年5月22日、テレワークを支援するコミュニケーション/コラボレーションツールの利用状況を調査した。Web会議システムを利用している企業は6割を超えた。Web会議システムのシェアは、Zoom(35%)、Skype(18%)、Microsoft Teams(18%)の順となった。満足度が最も高いツールはSkypeで、特に料金の評価が他製品に比べて高かった。調査対象は全国の会社・団体の役員・社員で、2020年4月28日から2020年5月1日にかけてWebを使ってアンケートを実施した。2119人から回答を得た。

 MM総研は、テレワークを支援するコラボレーションツールの利用状況を、Webアンケートで調査した。「Web会議システム」、「グループウェア」、「ビジネスチャット」、「オンラインストレージ」、「リモートアクセス」、――の5つのツールについて、利用率や導入時期、導入目的などを調べた。調査は、会社員を対象に、2020年4月28日から2020年5月1日にかけて実施した。

 2020年1月以降、特に利用が進んだコラボレーションツールが「Web会議システム」である。2019年12月末の利用率は44%だったが、2020年4月末には63%に上昇した。テレワークの普及にともない、急速に導入が進んだ形である。

 Web会議システムの導入目的は、「テレワーク環境の整備」(21%)が最も多く、「社内ミーティング・コミュニケーションの向上」(18%)、「対面でのミーティング数の削減」(18%)、「社外とのミーティング、コミュニケーションの向上」(15%)と続く。上位すべてがテレワークに関連した回答となった(図1)。

図1:Web会議システムの導入目的はテレワーク(出典:MM総研)図1:Web会議システムの導入目的はテレワーク(出典:MM総研)
拡大画像表示

Web会議システムのシェア1位はZoom、満足度1位はSkype

 「利用中」および「利用検討中」のWeb会議システムを確認したところ、Zoom(35%)、Skype(18%)、Teams(18%)の順となった(表1)

表1:Web会議システムのシェア(n=1481)
  製品名 利用率
1位 Zoom 35%
2位 Skype 18%
3位 Microsofr Teams 18%
4位 Cisco WebEx 11%
5位 Live On 3%

 Web会議システムの利用者に対して、「UI/UX」、「セキュリティ」、「料金」、「運用」、「サポート」、――の5 つの側面から満足度を5段階に分けて質問したところ、最も総合点が高い製品はSkypeだった(表2)。Skypeは料金の評価が他製品に比べて高かった。自分のアカウントを作れば無料で利用できるためである。

表2:Web会議システムの評価(満足:100点、どちらかといえば満足:75点、どちらともいえない:50点、どちらかといえば不満:25点、不満:0点)
  UI/UX セキュリティ 料金 運用 サポート 合計
Zoom 66.6 56.4 71.2 69.1 61.1 324.4
Skype 68.9 68.3 72.7 68.1 65.1 343.0
Microsoft Teams 70.1 69.3 66.1 70.4 66.7 342.6
Cisco WebEX 68.2 68.9 64.6 64.6 59.6 326.1
Live On 71.3 69.9 66.2 66.2 64.7 338.2

 一方、最も満足度の総合点が低かったサービスはZoomである。料金と運用は高い数値を示したが、セキュリティの満足度が低かった。Zoomの会議に第三者が侵入する「Zoom Bombing」が多発したことが起因していると考えられる。

●Next:2020年に入ってから急速に導入が進んだツール

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

MM総研 / テレワーク

関連記事

Special

-PR-

Web会議システムの満足度はSkypeがトップ、無料で利用できる点を評価─MM総研MM総研は2020年5月22日、テレワークを支援するコミュニケーション/コラボレーションツールの利用状況を調査した。Web会議システムを利用している企業は6割を超えた。Web会議システムのシェアは、Zoom(35%)、Skype(18%)、Microsoft Teams(18%)の順となった。満足度が最も高いツールはSkypeで、特に料金の評価が他製品に比べて高かった。調査対象は全国の会社・団体の役員・社員で、2020年4月28日から2020年5月1日にかけてWebを使ってアンケートを実施した。2119人から回答を得た。

PAGE TOP