[新製品・サービス]

SAPジャパン、ERPとAIの導入期間を短縮する標準モデルを提供

商社・卸や組立製造など4業界のモデルを用意

2020年6月30日(火)IT Leaders編集部

SAPジャパンは2020年6月29日、準大手および中堅企業(年商規模500憶~3000億円)を対象に、ERP(統合基幹業務システム)やAIの導入期間を短縮できる標準モデル「インテリジェントエンタープライズ標準ソリューションモデル」(i-ESM)を発表した。同日付でパートナー企業とともに提供を開始した。

 SAPジャパンの「インテリジェントエンタープライズ標準ソリューションモデル」(i-ESM)は、企業のデジタル変革プロジェクトのモデルケースである。ERP(統合基幹業務システム)やAIの導入期間を短縮する。まずは、商社・卸、化学、組立製造、プロフェッショナルサービスの4業界について、クラウドERPの標準的な導入期間と導入費用のモデルを用意した。

 また、ERPと組み合わせるAI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)などの技術もメニュー化して提供する。業界ごとの標準モデルとあわせて、基幹システムの検討期間を簡素化・短縮化する。

 i-ESMによって、モデルとなる業務範囲や期待効果を参照できる。これにより、プロジェクトに参画すべき役員層や業務部門を特定し、デジタル変革推進プロジェクトの要否を判断できる。他社事例から得たノウハウをもとに、プロジェクトをより確実に実行できるようになる、としている。

 モデルケースは、パートナー各社とともに作成・提供する。参加パートナーは、以下のとおりで、状況に応じて参加パートナーを順次増やす。

  • アイ・ピー・エス
  • SCSK
  • NTTデータ グローバルソリューションズ
  • コベルコシステム
  • SHIFT
  • TIS
  • 三井情報
関連キーワード

SAP / SI / NTTデータ グローバルソリューションズ / SCSK / コベルコシステム / IPS / SHIFT / 三井情報 / TIS / SIer

関連記事

Special

-PR-

SAPジャパン、ERPとAIの導入期間を短縮する標準モデルを提供SAPジャパンは2020年6月29日、準大手および中堅企業(年商規模500憶~3000億円)を対象に、ERP(統合基幹業務システム)やAIの導入期間を短縮できる標準モデル「インテリジェントエンタープライズ標準ソリューションモデル」(i-ESM)を発表した。同日付でパートナー企業とともに提供を開始した。

PAGE TOP