[新製品・サービス]

TwoFive、S3互換クラウドストレージ「RSTOR」を東京DCで開始、高速データ転送などに特徴

1TB月額800円でデータ転送費用は不要

2020年9月1日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TwoFiveは2020年9月1日、Amazon S3互換のクラウドストレージ「RSTORマルチクラウドプラットフォーム」(以下 RSTOR)を発表した。特徴として、TCPのオーバーヘッドを廃した高速なデータ転送、価格の安さ、各種パブリッククラウドとの接続性などをアピールしている。同日付で東京データセンターを新設し、稼働を開始した。2020年中に大阪にもデータセンターを開設する。価格(税別)は、保存量1TBあたり月額800円で、データ転送にともなう費用は発生しない。開発会社は、米RSTOR。

 RSTORは、Amazon S3互換のクラウドストレージである。米Equinix、米CoreSite、オランダのInterxionなどのデータセンターにリソースを配置し、クラウドストレージサービスを提供する(図1)。また、クラウドサービス以外の形態として、オンプレミスへのストレージソフトウェアの導入や、アプライアンスの提供もできる。

図1:RSTORマルチクラウドプラットフォームのサービスを提供するデータセンターの地図(出典:TwoFive)図1:RSTORマルチクラウドプラットフォームのサービスを提供するデータセンターの地図(出典:TwoFive)

 特徴の1つは、オンプレミス環境やパブリッククラウド環境などのWANを介した環境とRSTORとの間のデータ転送を高速化する仕掛けを用意していること。TCPプロトコルでコネクションを確立する際のSYN/ACKのハンドシェイクなどを省略して高速化を図るゲートウェイソフトウェア「RSTOR Transporter」を提供する。

 RSTOR Transporterをオンプレミス環境やパブリッククラウドなどに配置することで、RSTORとの間でデータを高速に転送できるようになる。TwoFiveによれば、従来と比べて最大で30倍高速にデータを転送できるとしている。

 パブリッククラウド(AWS、Azure、GCPなど)との接続性も高いとしている。データセンターの中で、これらパブリッククラウドと直接つながるとしている。

 価格の安さもうたっている。クラウドサービスとして、保存するデータ量に応じて、1TBあたり月額800円を課金する。データ転送にともなう費用は発生しない。TwoFiveによれば、業界標準の価格と比べて最大80%の低コストで済むとしている。

 セキュリティと冗長性も確保した。データは、エンドツーエンドで暗号化(AES-256)する。データの冗長性を確保するため、1つのデータを3つの物理データセンターに同時に配置する。

関連キーワード

TwoFive / RSTOR

関連記事

Special

-PR-

TwoFive、S3互換クラウドストレージ「RSTOR」を東京DCで開始、高速データ転送などに特徴TwoFiveは2020年9月1日、Amazon S3互換のクラウドストレージ「RSTORマルチクラウドプラットフォーム」(以下 RSTOR)を発表した。特徴として、TCPのオーバーヘッドを廃した高速なデータ転送、価格の安さ、各種パブリッククラウドとの接続性などをアピールしている。同日付で東京データセンターを新設し、稼働を開始した。2020年中に大阪にもデータセンターを開設する。価格(税別)は、保存量1TBあたり月額800円で、データ転送にともなう費用は発生しない。開発会社は、米RSTOR。

PAGE TOP