[新製品・サービス]

富士通、店舗内で商品をスマホで読み取るだけで買い物が完結するクラウドサービス「Brainforce ウォークスルーチェックアウト」を提供

2020年10月16日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2020年10月16日、スーパーマーケットなどの小売業者に向けて、顧客が商品のバーコードをスマートフォンで読み取るだけで買い物が完結するシステム「FUJITSU Retail Solution Brainforce ウォークスルーチェックアウト」の販売を開始した。価格は個別見積もりだが、10店舗以下、会員数1万人以下の最小構成で月額30万円程度から。販売目標は、Brainforceシリーズ全体で2022年度末(2023年3月期)までに関連ビジネスを含めて約200億円。

 「FUJITSU Retail Solution Brainforce ウォークスルーチェックアウト」(Brainforce ウォークスルーチェックアウト)は、スーパーマーケットなどの小売店舗において、顧客が商品のバーコードをスマートフォンで読み取るだけで買い物が完結するクラウドサービスである(図1)。店舗内で商品を見歩きながら、その場でスマホアプリだけで商品を購入できる。POSレジを介さずに買い物ができる。

図1:Brainforce ウォークスルーチェックアウトの概要。顧客は、スーパーマーケットなどの小売店舗において、商品のバーコードをスマートフォンで読み取るだけで買い物が完結する。店舗内で商品を見歩きながら、その場でスマホアプリだけで商品を購入できる(出典:富士通)図1:Brainforce ウォークスルーチェックアウトの概要。顧客は、スーパーマーケットなどの小売店舗において、商品のバーコードをスマートフォンで読み取るだけで買い物が完結する。店舗内で商品を見歩きながら、その場でスマホアプリだけで商品を購入できる(出典:富士通)
拡大画像表示

 仕組みはこうだ。顧客は、スマホアプリにログインする。GPSの位置情報を元に、チェックインする店舗を選んでチェックインする。あとは、店舗内で商品のバーコードをスマホカメラで読み込んで購入する。アプリ画面には購入した商品の合計金額が表示されるので、予算内に収めるように商品を選べるようになり、買い過ぎを防止できる。

 アプリからは、購入商品のリストを表示するQRコードも発行できる。買い物が終わって店舗から出る時に、QRコードを店舗の機材に読ませることで、購入した商品のリストを表示させられる。顧客が持ち出そうとしている商品群と、QRコードから判明した商品リストを、店舗スタッフが目視で確認することで、購入していない商品を店外に持ち出せないようにできる。

 Brainforce ウォークスルーチェックアウトは、デジタル技術によって小売店舗の顧客体験を高めるクラウドサービス「Brainforce」シリーズの第1弾に当たる。Brainforceシリーズとしては今後、ネットスーパーやギフト予約販売、インストアマーケティング施策、従業員の業務支援機能などを順次商品化する予定である。

 Brainforceシリーズでは、消費者情報や商品情報を管理するデータベース、購入カートや決済などのコマース機能、データ分析機能、などをクラウド型で提供する。ユーザーは、これらの機能をAPI経由で利用できる。顧客との接点として、スマートフォンアプリのテンプレートも提供する。

関連キーワード

富士通 / Brainforce

関連記事

Special

-PR-

富士通、店舗内で商品をスマホで読み取るだけで買い物が完結するクラウドサービス「Brainforce ウォークスルーチェックアウト」を提供富士通は2020年10月16日、スーパーマーケットなどの小売業者に向けて、顧客が商品のバーコードをスマートフォンで読み取るだけで買い物が完結するシステム「FUJITSU Retail Solution Brainforce ウォークスルーチェックアウト」の販売を開始した。価格は個別見積もりだが、10店舗以下、会員数1万人以下の最小構成で月額30万円程度から。販売目標は、Brainforceシリーズ全体で2022年度末(2023年3月期)までに関連ビジネスを含めて約200億円。

PAGE TOP