[新製品・サービス]

IoT監視データをワークフローに取り込める「ServiceNow Connected Operations」を販売

IoTデータをトリガーに復旧作業などを実行可能に

2020年12月17日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ServiceNow Japanは2020年12月17日、IoTデータをワークフローに取り込む新製品「ServiceNow Connected Operations」を発表した。同日、国内での提供を開始した。これにより例えば、IoTデータの変動をトリガーに、ワークフローのオペレーションを実行できる。

 ServiceNow Connected Operationsは、IoTデータをServiceNowのワークフロー基盤に取り込んで活用できるようにする製品である(図1)。IoTデバイスの稼働状況を監視したり、IoTデータの変動をトリガーに復旧措置などのワークフローオペレーションを実行したりできる。

図1:ServiceNow Connected Operationsの機能(出典:ServiceNow Japan)図1:ServiceNow Connected Operationsの機能(出典:ServiceNow Japan)
拡大画像表示

 機能は大きく4つある。IoT Bridge(IoTデータの取り込み)、IoT Rule Engine(問題を検知するルールエンジン)、Operations Incident(インシデントの判断や処理)、Connected Workflows(チーム間の連携ワークフロー)、である。

 IoT Bridgeは、IoTデータを取り込む機能である。各種のIoTデバイスから、各種のIoTプロトコルを介して、各種フォーマットのデータを取り込む。これらのデータを統合し、ワークフローで利用できるようにする。

 IoT Rule Engineは、取り込んだIoTデータから問題を検知するルールエンジンである。どういった条件でイベントを作成するのか、どういった条件をトリガーにワークフローを起動するのか、というルールをGUIで記述できる。

 Operations Incidentは、インシデントの判断や処理を実行する機能である。IoT Rule Engineが作成した複数のIoTイベントをインシデントとしてまとめ、ノイズと誤検出を減らす。ワークフローにより、インシデントに優先順位を付けて対処する。

 Connected Workflowsは、チーム間で連携したワークフローを実行する機能である。影響を受ける可能性がある顧客に通知したり、フィールド技術者を派遣して修理したりできる。

関連キーワード

ServiceNow / ワークフロー

関連記事

Special

-PR-

IoT監視データをワークフローに取り込める「ServiceNow Connected Operations」を販売ServiceNow Japanは2020年12月17日、IoTデータをワークフローに取り込む新製品「ServiceNow Connected Operations」を発表した。同日、国内での提供を開始した。これにより例えば、IoTデータの変動をトリガーに、ワークフローのオペレーションを実行できる。

PAGE TOP