コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

仮想オフィスに出社し同僚と顔を合わせて働ける「FAMoffice」─富士ソフトが社内ツールを製品化

2021年5月26日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士ソフトは2021年5月26日、Webブラウザから利用する仮想オフィスサービス「FAMoffice(ファムオフィス)」を発表した。同年6月15日から販売する。仮想空間に再現したオフィスにアバターとして出社し、同僚と顔を合わせながら働くデジタルワークプレイスを提供する。メンバーのステータスを俯瞰で確認しながら、気軽にコミュニケーションをとることができる。価格(税別)は、初期費用が10万円で、1ユーザーあたり月額300円(最小構成は100ユーザーで月額3万円)。販売目標として2023年度までに1000社を掲げる。

 富士ソフトの「FAMoffice」は、Webブラウザ(Google Chrome)から利用する仮想オフィスサービスである(画面1)。仮想空間に再現したオフィスにアバターとして出社し、同僚と顔を合わせながら働くデジタルワークプレイスを提供する。1フロアあたり最大150人のアバターが参加でき、利用ユーザー数に応じてフロアを追加することができる。

画面1:FAMofficeの利用画面(出典:富士ソフト)画面1:FAMofficeの利用画面(出典:富士ソフト)
拡大画像表示

 アバターとして仮想オフィスに出社して、部署のフロアや会議テーブルを模したデスクを囲んで仕事にあたる“普通のオフィス”を再現したUI/UXが特徴。テーブルでの会議(テーブルの椅子の数が定員)では、資料スライドを別ウィンドウに表示させてプレゼンテーションを行う資料共有機能も備えている(画面2)。

画面2:8名で会議を行っている画面。テーブルがパーティションで覆われているのは会議メンバー以外には会話が聞こえないことを表現している(出典:富士ソフト)

 リアルのオフィスとは異なり、俯瞰で参加メンバーを探すことができる。出社中、各メンバーのステータス(会議中、離席中など)を見ながら、適切なタイミングで話しかけられるようになっている。対話したいアバターに自分のアバターを重ねる操作で、最大3人までのプライベートなビデオ通話がすぐに始まり、ちょっとした相談や雑談に向く。

 複数のフロアに自分のアバターの分身を置く「マルチアバター機能」も備えており、兼務する部署が別のフロアにある場合などに対応する。所属する複数のプロジェクトチームに席を用意し、それぞれにアバターを参加させるといったことが行える(画面3)。

画面3:複数のフロアに自分のアバターの分身を置く「マルチアバター機能」(出典:富士ソフト)
拡大画像表示

●Next:FAMofficeの主な機能と先行導入企業

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

富士ソフト / FAMoffice / デジタルワークプレイス / テレワーク / 在宅勤務 / 勤怠管理 / バーチャルイベント

関連記事

Special

-PR-

仮想オフィスに出社し同僚と顔を合わせて働ける「FAMoffice」─富士ソフトが社内ツールを製品化富士ソフトは2021年5月26日、Webブラウザから利用する仮想オフィスサービス「FAMoffice(ファムオフィス)」を発表した。同年6月15日から販売する。仮想空間に再現したオフィスにアバターとして出社し、同僚と顔を合わせながら働くデジタルワークプレイスを提供する。メンバーのステータスを俯瞰で確認しながら、気軽にコミュニケーションをとることができる。価格(税別)は、初期費用が10万円で、1ユーザーあたり月額300円(最小構成は100ユーザーで月額3万円)。販売目標として2023年度までに1000社を掲げる。

PAGE TOP