[調査・レポート]

2021年の全世界5Gネットワーク基盤売上げは前年比39%増に─米ガートナー

2021年8月6日(金)IT Leaders編集部

米ガートナーは2021年8月4日(米国時間)、全世界における2021年の5Gネットワークインフラストラクチャ製品の売上高が、2020年の137億ドルから39%増の191億ドルに達するという市場予測を発表した。2024年末までに、CSP(通信サービスプロバイダー)の60%が、世界の主要都市をカバーする5Gサービスを商用化する見通しという。

 米ガートナーの調査によると、5Gは現在、無線インフラ製品の総売上高の約4割を占めている(図1)。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、在宅勤務のほか、ストリーミングビデオなど帯域幅を必要とするアプリケーションを使うための超高速ブロードバンド接続に対する需要が急増した結果という。

表1:世界の無線インフラストラクチャ市場売上高予測(単位:百万ドル)(出典:米Gartner)表1:世界の無線インフラストラクチャ市場売上高予測(単位:百万ドル)(出典:米ガートナー)
拡大画像表示

 「5Gは、無線ネットワークインフラ市場で最も急成長しているセグメントである。4GまでのレガシーRAN(無線アクセスネットワーク)インフラへの投資はすべての地域で急速に衰退しており、5G以外のスモールセルへの支出は、CSP(通信サービスプロバイダー)が5Gスモールセルへと移行するにつれて減少する傾向にある」(ガートナー)

 ガートナーは5Gの売上高を地域別に見た概評を示している。北米では、ダイナミックスペクトラムシェアリング(DSS)やミリ波帯基地局の導入が進むことが影響し、2020年の29億ドルから2021年には43億ドルに拡大するという。

 西欧では、認可型周波数、モバイルコアインフラの近代化、規制プロセスの遵守を優先し、2020年の7億9400万ドルから2021年には16億ドルに増加する見込みという。また、中華圏は、世界の売上高シェア1位を維持し、2020年に74億ドルであった売上高が2021年には91億ドルに達するとガートナーは予測している。

 商用化可能な5Gサービスを提供するCSPの割合は、2020年の10%から2024年には60%に拡大するとしている。これは過去のLTEや4Gの普及率と同等であり、5Gへの投資は2021年にLTEおよび4Gを上回るというのが同社の見立てである。

 「CSP間の競争の激化は、5Gの導入ペースを加速させている。新しいOpen RANとvRAN(仮想化RAN)のエコシステムは、現在のベンダーロックインを打破し、将来的にはコスト効率が高く俊敏な5G製品を提供することで、5Gの採用をさらに促進する可能性がある」(ガートナー)

 ガートナーによると、Open RANとvRANの商用化は少数の革新的なCSPによって始まったばかりだが、業界からの注目を集めており、5Gの将来的な成功には欠かせないという。

 「日本は5Gをリードする国の1つで、特にCSPによるOpen RANおよびvRANの早期商用化、企業によるローカル5Gの導入が世界に先駆けて行われている。日本発のエコシステムが世界に影響を与える可能性があり、動向を注意深く見守る必要がある。すでに米国や英国のCSPが日系ベンダーを選定しており、こうした動きは今後も広がる可能性がある」(ガートナー)

関連キーワード

Gartner / 市場調査 / 市場予測

関連記事

Special

-PR-

2021年の全世界5Gネットワーク基盤売上げは前年比39%増に─米ガートナー米ガートナーは2021年8月4日(米国時間)、全世界における2021年の5Gネットワークインフラストラクチャ製品の売上高が、2020年の137億ドルから39%増の191億ドルに達するという市場予測を発表した。2024年末までに、CSP(通信サービスプロバイダー)の60%が、世界の主要都市をカバーする5Gサービスを商用化する見通しという。

PAGE TOP