[大元隆志のウェアラブル・ビジネス活用最前線]

Google Glassに先駆けて発売した国産スマートグラス「MOVERIO BT-200」

2014年6月16日(月)大元 隆志

スマートグラスと言えばグーグルグラスの話題に集中しがち。だが、グーグルよりも早くこの市場に参入していた企業が日本国内に存在する。セイコーエプソンだ。2011年にAndroid2.2を搭載したスマートグラス「MOVERIO BT-100」を発売。今年1月には、Android4.0に対応した最新版「MOVERIO BT-200」を発表した。6月から国内販売を開始する。強みは、液晶プロジェクターで培った技術。ARの映像美を追求する。同社の担当者に取り組みを聞いた。

実証実験を重ねて、業務利用の可能性を探る

―MOVERIOはどんなシーンで活用されているのでしょう?

 主な用途は3つあります。情報の一斉配信、AR、遠隔地にいる人間との情報共有などですね。

―情報を一斉配信する、とはどういった活用方法でしょうか? 他の2つはなんとなくイメージが付くのですが。

 例えば、新国立劇場様との実証実験は好例の1つでしょう。オペラの観客にMOVERIOを装着してもらい、歌や台詞の日本語訳をリアルタイムにディスプレイに表示したのです。

 オペラは、イタリア語やドイツ語で上演されるものが珍しくありません。従来も劇場では、舞台上部に字幕表示用の電光掲示板を設置するなどしてきました。ただ、舞台の演技と字幕表示を交互に見るのは意外と大変です。感動的な瞬間を見逃してしまうかもしれません。

 MOVERIOの実証実験は好評でした。アンケート結果では7割近くの方から、また使いたいとの回答を得ました。視線を動かす必要がないので演技に集中できる点が良かったようです。また、パンフレットなどの印刷物と違って、照明を落とした、暗い場所でも閲覧できます。

―企業での活用事例はありますか?

 2011年にBT-100を発売した頃から、企業ユースを検討し始めました。直視ディスプレイを利用している企業を160件ほどピックアップ。製品を紹介して回りました。活用の可能性を示すと、盛り上がってくれることが多かったですね。今のところ、実証実験のものが多いのですが、事例は増えてきています。特に、最近のウェアラブルの盛り上がりは追い風です。

―具体的にいくつか紹介していただけますか?

 例えば、物流倉庫での利用例があります。物流倉庫では、荷物の移動がしばしば発生します。ただ、倉庫は広いので、どこに何を運ぶかを把握するのは意外と面倒。そこで、荷物に貼ったARマーカラベルをMOVERIOで見ると、荷物の貨物番号や仕分け先の情報を表示する仕掛けを作りました。作業者は、ディスプレイに表示される矢印に従って荷物を運びます。

 トーヨーカネツソリューションズ様、国際航業様、キングジム様と実証実験の実績があります。いずれも、ピッキングや仕分け作業を効率化できる好評価をいただきました。ハンズフリー、かつ、前方を確認しながら作業できます。相性の良い組み合わせだと考えています。

 防災分野でも活用できそうです。静岡福祉大学様との実証実験では、MOVERIOに災害情報や避難経路の指示を表示、聴覚障害をお持ちの方の避難をサポートしました。

 聴覚障害をお持ちの方は、階段を降りる際などに周囲の状況がわからなくなる時があるそうです。健常者は一点に視線が集中しても、足音や声が耳に入ってきます。聴覚障害があると、それが難しい。ディスプレイに指示を表示すれば、仲間とはぐれたり、道を間違えたりして、危険な状況に陥るリスクを減らせます。安心して避難できると好評をいただきました。

 ユニークな事例としては、東京パフォーマンスドール様のライブ公演で「HMDシート」という座席を設けました。MOVERIOを貸し出し、ステージ上の東京パフォーマンスドールの演目に合わせて、ARステージが楽しめるというものです。HMDシートから予約が埋まっていくなど、プロモーション効果もあったようです。その他にも実証実験を複数件進めています。

図:BT-100とBT-200図:BT-100(下)とBT-200。一回り小さく、軽くなった。BT-100の登場は2011年。グーグルグラス発表より早かった

 

バックナンバー
大元隆志のウェアラブル・ビジネス活用最前線一覧へ
関連キーワード

スマートグラス / キングジム / スマートデバイス / スマートフォン / Android / Google / 物流

関連記事

Special

-PR-

Google Glassに先駆けて発売した国産スマートグラス「MOVERIO BT-200」 [ 3/4 ] スマートグラスと言えばグーグルグラスの話題に集中しがち。だが、グーグルよりも早くこの市場に参入していた企業が日本国内に存在する。セイコーエプソンだ。2011年にAndroid2.2を搭載したスマートグラス「MOVERIO BT-100」を発売。今年1月には、Android4.0に対応した最新版「MOVERIO BT-200」を発表した。6月から国内販売を開始する。強みは、液晶プロジェクターで培った技術。ARの映像美を追求する。同社の担当者に取り組みを聞いた。

PAGE TOP