[新製品・サービス]

ノキア、ローカル5Gを利用したIoTサービスの提供で国内ベンダー5社と協業

2019年12月12日(木)IT Leaders編集部

ノキアソリューションズ&ネットワークスは2019年12月11日、日本でローカル5G/プライベートLTEを提供するために国内ベンダー5社とエコシステムを構築したと発表した。ローカル5Gは、2019年末から利用できるようになる。ノキアは、パートナーと協業し、産業向けにプライベートLTE製品群を提供する。

 日本政府は、企業などに向けて、ローカル5Gの周波数帯域を2019年末にリリースする。これにより、日本の企業は、ローカル5G/プライベートLTEを利用できるようになる。ローカル5Gによって、信頼性が高い専用のローカルネットワークを構築できるようになる。

 ノキアが協業したベンダー5社は、以下のとおりである。産業向けIoTで日鉄ソリューションズ、グローバルIoTで丸紅、フルMVNOでインターネットイニシアティブ(IIJ)、マルチクラウドおよびグローバルデータセンターに関しては米エクイニクス(Equinix)、映像サービスを活用したスマート社会のインフラで日立国際電気とパートナーシップを構築した。

 ノキアは、企業に専用の無線ネットワークを提供する。製品サービスの1つがLTE/4.9Gで、4G規格の最新のシステムである。産業用の5G機器が利用可能になれば、簡単に5Gにアップグレードできる。また、「Nokia Digital Automation Cloud」は、企業の構内で動作する低遅延の超広帯域接続サービスである。「Nokia Modular Private Wireless(MPW)」は、独自の自営用無線ネットワークを構築・運用できるサービスである。

図1:5Gネットワークに向けて7つのストリームが進展する(出典:ノキア)
拡大画像表示
関連キーワード

Nokia / 5G / IoT / Equinix / 日鉄ソリューションズ / IIJ / 日立国際電気 / 丸紅 / ローカル5G

関連記事

Special

-PR-

ノキア、ローカル5Gを利用したIoTサービスの提供で国内ベンダー5社と協業ノキアソリューションズ&ネットワークスは2019年12月11日、日本でローカル5G/プライベートLTEを提供するために国内ベンダー5社とエコシステムを構築したと発表した。ローカル5Gは、2019年末から利用できるようになる。ノキアは、パートナーと協業し、産業向けにプライベートLTE製品群を提供する。

PAGE TOP