[新製品・サービス]

デジタルテクノロジー、テレワーク勤務中の就業状況を把握管理するシステムを販売

2020年4月10日(金)IT Leaders編集部

デジタルテクノロジー(DTC)は2020年4月9日、テレワーク/在宅勤務中の就業状況を把握するための「テレワーク就業時間取得システム」をリリースした。就業時間以外にも、無操作時間や利用アプリケーションの情報も自動で取得する。

 デジタルテクノロジー(DTC)のテレワーク就業時間取得システムは、定期的にPC(物理・仮想)の稼働状況を収集し管理可能にする。PCへのログイン/ログアウト以外にも、使用したアプリケーションや閲覧したURL、無操作率などを、各利用者ごとに取得してレポートを作成し、管理者に送付する。業務以外のPCを使っていることや、スリープ防止のための外部ツールを使った自動マウス操作なども把握できる。

 社員にとって機密となり得るデータや、社員が不快に感じるような情報(カメラ映像、キータイピング情報、ファイル名など)は取得しない。これにより、導入時の社員の不安を抑えられるとしている。

 通常のPC利用のほか、社内PCへのリモート接続やVDI(デスクトップ仮想化環境)の各接続方式全般に対応している。これらが混在している環境でも、共通のシステムで把握が可能。通常のPCであればログイン/ログアウト時刻を、リモート接続やVDI利用時はセッション開始/切断時刻を取得できる。

 DTCは背景として、テレワークでは各社員の就業実態の把握が難しいという状況を挙げる。例えば、「当日1度もPCへのログインがない」「テレワーク開始時間に合わせPCのログオンやリモート接続を開始するものの、何も操作をしていない状態が長時間続いている」「業務に関係ないサイトを長時間閲覧したり、業務外アプリケーションを使用している」「テレワーク開始/終了申請時刻とPC利用時間に乖離がある」といったことがあっても、これを把握するのは困難である。

関連キーワード

デジタルテクノロジー / テレワーク / ログ監視

関連記事

Special

-PR-

デジタルテクノロジー、テレワーク勤務中の就業状況を把握管理するシステムを販売デジタルテクノロジー(DTC)は2020年4月9日、テレワーク/在宅勤務中の就業状況を把握するための「テレワーク就業時間取得システム」をリリースした。就業時間以外にも、無操作時間や利用アプリケーションの情報も自動で取得する。

PAGE TOP