コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[調査・レポート]

在宅勤務で導入したツール1位はSkypeで48%、2位はZoomで20.0%─MND研究所

2020年4月24日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

MMD研究所は、会社員を対象に、在宅勤務におけるツールの利用動向を調査した。2020年4月23日、調査結果を発表した。在宅勤務時に導入を開始したツールは「Skype」が48.0%と最も多く、次に「Zoom」(20.0%)、「slack」(12.0%)となった。

 MMD研究所は今回、20歳~59歳の会社員の男女1089人を対象に、在宅勤務におけるツールの利用動向を調査している。

 図1は、導入しているツールの名前を尋ねた結果だ。在宅勤務の開始に伴ってツールを導入した25人と、在宅勤務をする前からツールを導入していた70人それぞれに聞いている。在宅勤務時に導入を開始したツールは、Skype(48.0%)、Zoom(20.0%)、Slack(12.0%)の順となった。一方、在宅勤務をする前から導入していたツールは、Skype(50.0%)、Zoom(14.3%)、Chatwork(5.7%)の順となった。

図1:在宅勤務で利用しているツール(出典:MMD研究所)図1:在宅勤務で利用しているツール(出典:MMD研究所)
拡大画像表示

 導入しているツールの分野も聞いた。在宅勤務をしていると回答した141人に聞いた。在宅勤務開始に伴い導入したツールは、「ビデオ通話/Web通話」(17.0%)、「チャット」(9.2%)、「スケジュール共有」(8.5%)の順となった。一方、在宅勤務をする前から導入していたツールは「ファイル共有」(48.2%)、「スケジュール共有」(45.4%)、「ビデオ通話/Web通話」(42.6%)の順となった。

●Next:新型コロナウイルスの影響で自社の勤務体系はどう変化したのか

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

MMD研究所 / テレワーク / Zoom / Slack / Skype / 在宅勤務

関連記事

Special

-PR-

在宅勤務で導入したツール1位はSkypeで48%、2位はZoomで20.0%─MND研究所MMD研究所は、会社員を対象に、在宅勤務におけるツールの利用動向を調査した。2020年4月23日、調査結果を発表した。在宅勤務時に導入を開始したツールは「Skype」が48.0%と最も多く、次に「Zoom」(20.0%)、「slack」(12.0%)となった。

PAGE TOP