開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

TIS、ローコード開発基盤「OutSystems」の導入支援サービス、ノウハウをテンプレート化

2020年9月15日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISは2020年9月15日、ローコード開発ツール「OutSystems」の導入支援サービス「OutSystems導入支援サービス」を発表した。TISは、システム構築プロジェクトのタイプ別のベストプラクティスをテンプレート化している。これをベースに、業務アプリケーション開発の計画立案から運用保守までトータルに支援する。価格は、個別見積もり。

 OutSystems導入支援サービスは、ローコード開発ツール「OutSystems」の導入支援サービスである(図1)。業務アプリケーション開発の計画立案から運用保守までをトータルに支援する。サービスメニューは、「プランニング」、「PoC」、「コンサルティング」、「システム構築」、「アウトソーシング」、――で構成する(記事末の表1)。

図1:「OutSystems導入支援サービス」の概要(出典:TIS)図1:「OutSystems導入支援サービス」の概要(出典:TIS)
拡大画像表示

 TISのシステム構築ノウハウとOutSystemsの経験を基に、システム構築プロジェクトのタイプ別のベストプラクティスをテンプレート化したとしている。テンプレートをベースとすることで、システム構築プロジェクトへの適用を容易としている。

 背景には、ローコード開発基盤の適用は決して簡単ではないという状況がある。対象システムやツールの特質を把握し、適切にプロジェクトのアプローチやマネジメントに反映しないと、プロジェクトがとん挫したり、効果が出なかったりする恐れがある。

 なお、OutSystemsは、ポルトガルのOutSystems(日本法人はOutSystemsジャパン)が提供しているローコード開発ツールである(関連記事ローコード開発ツールのOutSystems、基幹システムのカスタム開発が増加)。Webアプリケーションをノンコーディングでビジュアル開発できる。ソースコードを書くことなく、GUI操作だけで、.NET環境(C#)のWebアプリケーションを構築できる。

表1:「OutSystems導入支援サービス」のメニュー
サービス サービス内容例
プランニング OutSystems導入/展開プロジェクト計画立案の支援
  • システム構想化支援
  • プロジェクト基本方針
  • プロジェクト実行計画
  • プロジェクト管理/運営方法
PoC システム化要件の実現性や生産性の検証
  • 検証観点/方式の検討支援
  • プロトタイプ構築
  • 評価レポート
コンサルティング OutSystems開発におけるテクニカルコンサルティング
  • 技術検証/実行処理方式の確立
  • 開発標準整備
  • 開発支援
システム構築 OutSystemsによるシステム開発の実施
  • Agile/Waterfallによるシステム開発
  • モバイルアプリケーション開発
  • 新規/再構築/マイグレーション開発
アウトソーシング 継続的な改善を前提とした運用保守サービス
  • 運用保守計画作成支援
  • KPI/SAL設定と、それに基づく計画的な運用保守の遂行
  • システム仕様の透明性や、システム全体の最適化の維持管理
関連キーワード

TIS / OutSystems

関連記事

Special

-PR-

TIS、ローコード開発基盤「OutSystems」の導入支援サービス、ノウハウをテンプレート化TISは2020年9月15日、ローコード開発ツール「OutSystems」の導入支援サービス「OutSystems導入支援サービス」を発表した。TISは、システム構築プロジェクトのタイプ別のベストプラクティスをテンプレート化している。これをベースに、業務アプリケーション開発の計画立案から運用保守までトータルに支援する。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP