開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通SSL、ローコード開発ツール「OutSystems」を販売

2020年11月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は2020年11月9日、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションをノンコーディングでビジュアル開発できるツール「OutSystems」の販売を開始した。価格(税別)は、個別見積もり。販売目標は、4年間で4億5000万円。開発会社はポルトガルのOutSystems(日本法人はOutSystemsジャパン)。

 富士通SSLは、開発ツールであるOutSystemsの販売を開始した(図1)。OutSystemsは、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションをノンコーディングでビジュアル開発できる“ローコード開発”ツールである(関連記事ローコード開発ツールのOutSystems、基幹システムのカスタム開発が増加)。ソースコードを書かずに、GUIの操作だけでアプリケーションを構築できる。

図1:OutSystemsで実現する高速開発の概要(出典:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)図1:OutSystemsで実現する高速開発の概要(出典:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)
拡大画像表示

 再利用可能なモジュール、UIコンポーネント、外部サービス連携コネクタ、各種ライブラリを提供する。要件に合わせて、これらの部品を独自に開発して追加することもできる。開発した設計情報は、リポジトリサーバーで管理する。バージョン管理やソフトウェアの依存関係管理といった、ソフトウェアの開発工程に必要な機能群を一通り提供する。

 富士通SSLは、OutSystemsの販売にあたり、SIベンダーとして高速開発のノウハウを蓄積していることをアピールしている。10年以上にわたって全社でアジャイル開発に取り組んでおり、社内コミュニティの設立や、スクラム実践・アジャイル開発事例の中で、高速開発のノウハウを蓄積してきたとしている。2020年4月にはエンジニアの育成組織「ソリューション開発道場」を設立し、同取り組みの開発環境としてOutSystemsを活用している。

関連キーワード

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ / OutSystems / ローコード

関連記事

Special

-PR-

富士通SSL、ローコード開発ツール「OutSystems」を販売富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は2020年11月9日、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションをノンコーディングでビジュアル開発できるツール「OutSystems」の販売を開始した。価格(税別)は、個別見積もり。販売目標は、4年間で4億5000万円。開発会社はポルトガルのOutSystems(日本法人はOutSystemsジャパン)。

PAGE TOP