コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

リコーのWeb会議用デバイス「RICOH Meeting 360 V1」、会議室全景を映す360度カメラ

2022年6月23日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

リコーは2022年6月23日、Web会議用デバイス「RICOH Meeting 360 V1」を発表した。同年6月30日から提供する。リモート参加者のいるWeb会議を想定したカメラ搭載マイクスピーカーで、Web会議システムが動作する1台のPCにUSBで接続して使う。360度カメラで会議室全体・参加者全員の様子を映し出すと共に、発言者を自動認識し自動でクローズアップする。価格はオープン。

 リコーの「RICOH Meeting 360 V1」は、リモート参加者のいるWeb会議を想定したカメラ搭載マイクスピーカーデバイスである。Web会議システムが動作する1台のPCにUSBで接続して使う。同社が動作を確認しているWeb会議システムは、Microsoft Teams、Zoom、Cisco Webex、Google Meetの4製品である。

 特徴は、会議室の全景を映す半天球の360度カメラを搭載していることである。360度映像を自動で分割し、露出を補正して出力する。会議室の全景と参加者全員の様子が分かるほか、参加者の声を認識し、話者を自動でクローズアップして画面に映す。「会議中に、参加者全員の表情を逃さずに表示する。リモート参加者から見て、だれが話しているのかなどが分かりやすい」(同社)という(写真1)。

写真1:360度カメラを持つマイクスピーカー「RICOH Meeting 360 V1」の外観(出典:リコー)写真1:360度カメラを持つマイクスピーカー「RICOH Meeting 360 V1」の外観(出典:リコー)
拡大画像表示

 無料で提供される専用ユーティリティソフト「RICOH Meeting 360 Apps for Windows」を使えば、映像の方向やズームの設定が可能になる。ホワイトボードや特定の人物を常時拡大して表示するといった使い方ができる。また、電子黒板「RICOH Interactive Whiteboard」を接続することで、ホワイトボードに記した情報を共有できる(関連記事リコー、会議用ホワイトボードを刷新、4K解像度と防塵IP5Xに対応)。

 マイクは、約6mの距離まで集音可能な全方位マイクを3個搭載する。音声入力レベルの自動調整機能によって、マイクから遠い人や近い人の声を、座った位置に関わらずクリアに集音できるという。

 主な仕様は、表1のとおり。リコーは今後、RICOH Meeting 360 V1で撮った映像や音声データを活用した議事録作成支援(議事録の保管や、発言の自動テキスト化)をクラウドサービスとして提供する予定である。

表1:RICOH Meeting 360 V1の主な仕様(出典:リコー)
製品名 RICOH Meeting 360 V1
カメラ仕様 画角 水平360度、垂直42度
キャプチャ解像度 3K×3K
出力解像度/フレームレート 1920×1080 / 30fps
映像制御 オートホワイトバランス/自動露出制御/Local Tone Mapping
マイク仕様 マイク数 3個
最大集音範囲 6m(クローズな環境下による)
ノイズキャンセリング あり
スピーカ仕様 スピーカー数 3W×3個
最大音圧レベル(SPL) 80.5dB(1m)
ネットワーク仕様(ファームウェア更新用) LAN 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
映像出力 ズーム
  • デジタルズーム(最大2倍)
  • AI話者識別の自動ズーム(無段階)
  • 専用アプリケーションでの部分指定ズーム(3段階)
表示レイアウト
  • 360度展開映像+話者自動クローズアップ(大)
  • 360度展開映像+固定クローズアップ(大)
  • 360度展開映像+固定クローズアップ(大)+話者自動クローズアップ(小)
サイズ 本体サイズ 110mm(奥行)×110mm(幅)×242mm(高さ)
重量 1.0kg
インタフェース USB USB Type-C(USB3.1 Gen1)
ネットワーク RJ-45(ファームウェア更新用)
動作環境 サポートOS Windows 10/Windows 11
対応Web会議システム
(動作確認済み)
  • Microsoft Teams
  • Zoom
  • Cisco Webex
  • Google Meet
推奨利用環境
(話者フォーカス利用時)
  • 利用者数:1~8人、着座角:1名あたり45度
  • 設置位置:話者から3.3m以内
関連キーワード

リコー / Web会議システム / Webカメラ / テレワーク

関連記事

Special

-PR-

リコーのWeb会議用デバイス「RICOH Meeting 360 V1」、会議室全景を映す360度カメラリコーは2022年6月23日、Web会議用デバイス「RICOH Meeting 360 V1」を発表した。同年6月30日から提供する。リモート参加者のいるWeb会議を想定したカメラ搭載マイクスピーカーで、Web会議システムが動作する1台のPCにUSBで接続して使う。360度カメラで会議室全体・参加者全員の様子を映し出すと共に、発言者を自動認識し自動でクローズアップする。価格はオープン。

PAGE TOP