[技術解説]

BIツールの特徴・機能を比較─直感的な操作性に磨きをかける主要製品

「情報分析」と「行動」を直結させるBI Part6

2011年2月22日(火)IT Leaders編集部

現場の情報活用に照準 個々の視点に合わせた画面表示を工夫
統計解析手法を駆使した専門家向けのものから、一般社員が日々の業務で使うものまで、BIツールの幅は広い。 本パートでは、その中でも「オペレーショナルBI」、つまりは現業部門の担当者が使うことを意識した製品を中心に、最近のトレンドを紹介する。

 BIツールは利用法や想定するユーザー層の違いから、備える機能が異なる。定型的な報告内容を表示するレポーティングや、売り上げなどの業績をモニタリングするダッシュボードは、ユーザー部門や経営層が簡単にデータをチェックできることを想定した機能だ。

 これに対し、データをさまざまな視点で分析処理するOLAPや、データの中から一定の傾向を抽出し、新たな気づきを与えるマイニングなどは、一般的に分析専任者が扱う高度な機能に位置づけられる。BIツールを導入する際は自社の使い方に照らし、それに見合う機能を備えた製品を選択することが必要だ。

 主要なBIツールを以下にまとめた(表6-1、6-2、6-3)。主な特徴やトレンドを紹介しよう。

表6-1 複数の製品/機能で構成する主要BIスイート製品
表6-1 複数の製品/機能で構成する主要BIスイート製品
表6-1 複数の製品/機能で構成する主要BIスイート製品
表6-2 現場の利用を想定した機能を主とする主要BI製品
表6-2 現場の利用を想定した機能を主とする主要BI製品
表6-3 データマイニング機能を主とする主要BI製品
表6-3 データマイニング機能を主とする主要BI製品
この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

BI / QlikView / Dr.Sum / BusinessObjects / Yellowfin / Tableau / Cognos / IBM / SAP / WebFOCUS / Actuate / アナリティクス / DWH / OLAP

関連記事

Special

-PR-

BIツールの特徴・機能を比較─直感的な操作性に磨きをかける主要製品現場の情報活用に照準 個々の視点に合わせた画面表示を工夫
統計解析手法を駆使した専門家向けのものから、一般社員が日々の業務で使うものまで、BIツールの幅は広い。 本パートでは、その中でも「オペレーショナルBI」、つまりは現業部門の担当者が使うことを意識した製品を中心に、最近のトレンドを紹介する。

PAGE TOP