[市場動向]

NTTデータ、ServiceNowの専門事業組織「ServiceNowビジネス推進室」を設置

2025年までに売上500億円規模を目指す

2020年12月14日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2020年12月14日、ServiceNowの専門事業組織「ServiceNowビジネス推進室」を2021年1月1日付で設置すると発表した。NTTデータ社内のIT運用管理のためにServiceNowを導入してきたエンジニアと、ユーザーの各業界に特化したコンサルタント十数人で構成する150人をワンチーム化した。専任で業務にあたるメンバーもいるが、これまでの仕事と兼務で業務にあたるメンバーもいる。推進室として、2025年までにServiceNow関連の売り上げを500億円規模に拡大することを目指す。

 NTTデータは、ServiceNowの専門事業組織「ServiceNowビジネス推進室」を2021年1月1日付で設置する(図1)。規模は約150人で、ServiceNowを使ってNTTデータ社内のIT運用管理に従事してきたエンジニアと、ユーザーの各業界に詳しいコンサルタントで構成する。構成比は、ほとんどがエンジニアで、業界特化型コンサルタントが1割である。メンバーはそれぞれ、専任のメンバーもいれば兼任のメンバーもいる。

図1:ServiceNowの専門事業組織「ServiceNowビジネス推進室」によるServiceNow導入サービスの概要図(出典:NTTデータ)図1:ServiceNowの専門事業組織「ServiceNowビジネス推進室」によるServiceNow導入サービスの概要図(出典:NTTデータ)
拡大画像表示

 NTTデータは、ユーザーに提供できる価値として、業界特化型のサービスを提供できる点を挙げている。NTTデータの業務知識やITシステムの構築、運用経験と、ServiceNowのデジタル技術を組み合わせる。これにより、業界固有の課題や環境に応じたサービスを整備して提供する。

 ServiceNowに関する実績やノウハウが豊富な点もアピールしている。2019年7月にServiceNowの販売を開始してから、公共社会基盤分野、金融分野、法人分野と、業界を問わず多くの案件にServiceNowを導入してきた。NTTデータが提供するITインフラのマネージドサービスにおいてもServiceNowを採用している。2020年10月には、ServiceNowの専業コンサルティング企業である米Acorioを買収している。

関連キーワード

NTTデータ / ServiceNow

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、ServiceNowの専門事業組織「ServiceNowビジネス推進室」を設置NTTデータは2020年12月14日、ServiceNowの専門事業組織「ServiceNowビジネス推進室」を2021年1月1日付で設置すると発表した。NTTデータ社内のIT運用管理のためにServiceNowを導入してきたエンジニアと、ユーザーの各業界に特化したコンサルタント十数人で構成する150人をワンチーム化した。専任で業務にあたるメンバーもいるが、これまでの仕事と兼務で業務にあたるメンバーもいる。推進室として、2025年までにServiceNow関連の売り上げを500億円規模に拡大することを目指す。

PAGE TOP