[新製品・サービス]

東京システムリサーチ、コンタクトセンター担当者の教育を支援する「AIセルフトレーニング」を提供

音声認識チャットボットがトレーニング相手を務める

2021年3月16日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東京システムリサーチは2021年3月16日、コンタクトセンターの顧客対応担当者(オペレーター/コミュニケーター)の教育を支援するサービス「AIセルフトレーニング」を発表した。東京システムリサーチのチャットボットと、アドバンスト・メディアの音声認識ミドルウェア「AmiVoice」を組み合わせて提供する。AIが顧客役となり、トレーニング相手を務める仕組みである。価格(税別)は、初期費用が70万円。月額費用が26万円(5ユーザー)から。

 東京システムリサーチの「AIセルフトレーニング」は、コンタクトセンターの顧客対応担当者(オペレータ/コミュニケータ)の教育を支援するサービスである。音声認識機能を備えたチャットボットが顧客役となり、トレーニング相手を務める仕組みである(図1)。東京システムリサーチのチャットボットと、アドバンスト・メディアの音声認識ミドルウェア「AmiVoice」を組み合わせて提供する。

図1:AIセルフトレーニングの概要(出典:東京システムリサーチ)図1:AIセルフトレーニングの概要(出典:東京システムリサーチ)
拡大画像表示

 コールスクリプトを学習させたチャットボットがトレーニング相手を務める。チャットボットは男性/女性を選べるほか、喜びや怒りなど感情を帯びた表現ができる。これにより、実際の現場に近い形で練習できる。

 オペレーターの会話は、アドバンスト・メディアの音声認識APIを使って、リアルタイムに文字化する。オペレーターが話した内容は、AIで分析し、不適切な表現に対する訂正ポイントをその場で指摘する。

 オペレーターの初期的教育にAIを活用することで、育成の負担を軽減できる。クラウド型で利用できることから、利用時間帯の制約なく、オペレーター要員の空き時間を利用してトレーニングできる。

関連キーワード

東京システムリサーチ / AmiVoice / チャットボット / コールセンター / 音声認識 / アドバンスト・メディア / コンタクトセンター

関連記事

Special

-PR-

東京システムリサーチ、コンタクトセンター担当者の教育を支援する「AIセルフトレーニング」を提供東京システムリサーチは2021年3月16日、コンタクトセンターの顧客対応担当者(オペレーター/コミュニケーター)の教育を支援するサービス「AIセルフトレーニング」を発表した。東京システムリサーチのチャットボットと、アドバンスト・メディアの音声認識ミドルウェア「AmiVoice」を組み合わせて提供する。AIが顧客役となり、トレーニング相手を務める仕組みである。価格(税別)は、初期費用が70万円。月額費用が26万円(5ユーザー)から。

PAGE TOP