[麻生川静男の欧州ビジネスITトレンド]

欧州スタートアップへの投資はコロナ禍でも活況:第24回

2021年7月5日(月)麻生川 静男

英国のコンサルティング会社アーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young)が2020年度の欧州におけるスタートアップ企業への投資状況の調査結果を発表した。それによると、コロナ禍やブレグジット(Brexit)にもかかわらず、スタートアップへの投資は活況であった。とりわけ、英国への投資が大きく伸びた。3大国、すなわち英国、ドイツ、フランスへの投資金額は欧州全体の3分の2を占める。レポートでは国別、都市別の投資状況が昨年度(2019年度)と比較して書かれている。

コロナ禍やブレグジッドの影響を受けずに活況

 2020年は、欧州のスタートアップ/ベンチャー企業にとっては記録的に好調の年であった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)やブレグジッドによってスタートアップへの投資が減るのではないかと懸念されたが、逆に大幅増となった。投資案件数は2019年より58%の増加で、6700件となった。投資金額では17%増の365億ユーロ(約4兆7500億円)だ(ちなみに、本論でいうスタートアップ企業とは設立後10年未満の企業を指す)。

 とりわけ、2020年下半期に投資金額が急増し、212億ユーロ(約2兆7600億円)にも達したが、半期としては史上最高である。これは3件の大型案件のおかげだ。

 イタリアのモビリティサービスのテレパスグループ(Telepass Group)が2020年10月に11億ユーロ(約1400億円)もの資金を集めている。英国の保険会社イニゴ(Inigo)が7億ユーロ(約900億円)を、スウェーデンの電気自動車用バッテリーメーカー、ノースボルト(Northvolt)は5億2600万ユーロ(約684億円)の資金調達を行っている。

 以下では、欧州各国、および各都市のスタートアップへの投資状況を紹介しよう。

国別では英国の伸びが突出、2位はドイツ

 表1は、2020年の欧州各国のスタートアップへの投資状況(投資案件数/投資金額)の一覧である。

国名  投資案件数  投資金額(百万ユーロ)
英国 2113 13936
ドイツ 743 5272
フランス 619 5203
スイス 540 1816
スペイン 327 611
オランダ 244 1147
スウェーデン 234 1754
イタリア 163 1489
オーストリア 145 212
アイルランド 145 579
フィンランド 144 1017
デンマーク 135 414
ベルギー 123 640
ポーランド 123
トルコ 115
ロシア 673
エストニア 329
ノルウェー 456

表1:各国のスタートアップ投資案件数/投資金額(出典:Ernst & Young - Start-up Barometer Europe)

 これから分かるように、2020年末にブレグジッドがあったにもかかわらず、英国のスタートアップへの投資案件数は欧州の中では飛び抜けて多く、2位のドイツの2倍以上もある。また、英国自体も2019年の971件と比べても、2020年は倍以上の2113件にも上っている。投資金額も今年度は140億ユーロに達しようという勢いである。ざっくりいって、件数ベースでは英国は欧州全体の3割、金額ベースでは4割を占め、ダントツに強い。

 2位のドイツは案件数こそ昨年度の704件よりわずかに増え、743件となったものの、金額としては15%の減の53億ユーロ弱となった。3位のフランスは、件数こそ15%減ったが、金額としては昨年度より微増している。

人口比から見た投資状況

 上位国はいずれも人口が6500万人以上の大国であるので、投資案件、金額、いずれも面においても多いが、人口比で見るとまったく違って見える。国別の人口から、投資案件数と投資金額の比を求め、ここから人口(万人)当たりの投資金額(百万ユーロ)の順に並べたのが図1である。

図1:人口各国の人口(万人)当たりのスタートアップ投資金額(単位:百万ユーロ)(出典:Ernst & Young - Start-up Barometer Europe)
拡大画像表示

 図1から分かるように投資金額では、人口が1000万人以下の比較的小さな国であるスイス、フィンランド、スウェーデン、アイルランドなどの国々は人口の割には投資金額が大きいことが分かる。また、デンマーク、オランダも、フランスやドイツと同じ程度に活発な投資対象国となっていることも分かる。

●Next:都市単位のスタートアップ/ベンチャー投資状況は?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
バックナンバー
麻生川静男の欧州ビジネスITトレンド一覧へ
関連キーワード

欧州 / 英国 / ベンチャー / VC / ドイツ / フランス

関連記事

Special

-PR-

欧州スタートアップへの投資はコロナ禍でも活況:第24回英国のコンサルティング会社アーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young)が2020年度の欧州におけるスタートアップ企業への投資状況の調査結果を発表した。それによると、コロナ禍やブレグジット(Brexit)にもかかわらず、スタートアップへの投資は活況であった。とりわけ、英国への投資が大きく伸びた。3大国、すなわち英国、ドイツ、フランスへの投資金額は欧州全体の3分の2を占める。レポートでは国別、都市別の投資状況が昨年度(2019年度)と比較して書かれている。

PAGE TOP