[新製品・サービス]

テックタッチ、操作ガイド「テックタッチ」を強化、クリック/セレクト操作やデータ入力を自動化

2021年12月21日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

テックタッチは2021年12月21日、操作ガイド表示ツール「テックタッチ」を強化し、クリック操作やデータ入力を自動化する「オートフロー」機能を追加したと発表した。RPAと異なり、ユーザーが実際に業務アプリケーションを操作しながら利用する。ユーザーの操作を補助する形になる。なお、テックタッチは、経費精算システムや営業支援システムなど、エンドユーザーが普段利用しているWebシステムの画面上に、カーナビのようにリアルタイムに操作ガイドを表示できるサービスである。

 テックタッチは、Webブラウザ画面上に操作ガイドを表示するツールである(関連記事アシスト、Webシステムの画面上にリアルタイムに操作ガイドを表示できる「テックタッチ」を販売)。経費精算システムや営業支援システムなど、エンドユーザーが普段利用しているWebシステムの画面上に、カーナビのようにリアルタイムに操作ガイドを表示する。SaaS型のクラウドサービスであり、専用のプラグインを導入したWebブラウザで操作ガイドを再生する。

 今回、テックタッチを強化し、一部のWeb画面操作(クリック操作、セレクト操作、データ入力)を自動化する「オートフロー」機能を追加した(図1)。エンドユーザーによるWeb画面操作と並行して、あらかじめ決めておいた操作を自動で実行する。RPA(ロボットによる業務自動化)と異なり、ユーザーを代替するのではなく、ユーザーの操作を補助する形になる。RPAでは自動化できなかった箇所に対しても自動化設定を施せる。自動化の対象となる操作はノーコードで設定する。

図1:作ガイド「テックタッチ」を強化し、クリック/セレクト操作やデータ入力を自動化した(出典:テックタッチ)図1:作ガイド「テックタッチ」を強化し、クリック/セレクト操作やデータ入力を自動化した(出典:テックタッチ)
拡大画像表示

 先行導入企業が、積水化学工業である。同社は、工場向けの購買・調達、支払システムをクラウド化した。同システムの導入にあたり、新たに現場でデータを入力する負担が生じることになった。この負担を軽減するため、テックタッチのオートフロー機能を導入した。従来であれば手入力が必要だったデータ入力を自動化することで、受発注管理を効率化する狙いがある。

関連キーワード

テックタッチ

関連記事

Special

-PR-

テックタッチ、操作ガイド「テックタッチ」を強化、クリック/セレクト操作やデータ入力を自動化テックタッチは2021年12月21日、操作ガイド表示ツール「テックタッチ」を強化し、クリック操作やデータ入力を自動化する「オートフロー」機能を追加したと発表した。RPAと異なり、ユーザーが実際に業務アプリケーションを操作しながら利用する。ユーザーの操作を補助する形になる。なお、テックタッチは、経費精算システムや営業支援システムなど、エンドユーザーが普段利用しているWebシステムの画面上に、カーナビのようにリアルタイムに操作ガイドを表示できるサービスである。

PAGE TOP