[新製品・サービス]

キヤノン、複合現実ヘッドマウントディスプレイに広視野角モデル「MREAL X1」、現場での作業性を向上

水平58度×垂直60度で表示面積は既存モデルの2.5倍

2022年4月21日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズの3社は2022年4月21日、MR(Mixed Reality:複合現実)システム「MREAL(エムリアル)」シリーズの新製品として、広視野角ヘッドマウントディスプレイ「MREAL X1」を発表した。現行モデル「MREAL S1」よりも広い視野で映像が見られる。低価格なMREAL S1と、広視野角のMREAL X1という2機種のラインアップが揃った。MREAL X1は、2022年6月上旬に販売する。販売目標は、MREALシリーズ全体で、日本国内で2025年までに年間1000台以上。

 キヤノンの「MREAL」は、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実感)システムである(関連記事キヤノンITS、MRシステム基盤「MREAL Platform」新版、位置合わせ性能の向上など)。動きながらMR映像を閲覧するためのヘッドマウントディスプレイ、基盤ソフトウェア、MRアプリケーションなどで構成する。MRは、自動車メーカーなどの製造業において、デザインや設計データの試作回数を減らす業務支援ツールとして活用が進んでいる(画面1)。

画面1:MRを使って製造現場の作業性と安全性を検証している様子(出典:キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズ)画面1:MRを使って製造現場の作業性と安全性を検証している様子(出典:キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

水平58度×垂直60度の広視野角で作業性を向上

 今回、MR映像を映すヘッドマウントディスプレイに、広視野角の新機種「MREAL X1」を追加した。既存機種「MREAL S1」の視野角が水平45度×垂直34度の横長(およそ4:3)であるのに対して、MREAL X1の視野角は水平58度×垂直60度の縦長(およそ1:1)であり、表示面積を約2.5倍に拡大した。特にユーザーからの要望で多かった縦方向の視野角を拡大したことで、大きく頭を動かすことなく視認エリア全体の確認が可能になった(画面2)。

画面2:広視野角の新機種「MREAL X1」と既存機種「MREAL S1」の視野角の違い。新機種では表示面積を約2.5倍に拡大した。特にユーザーからの要望で多かった縦方向の視野角を拡大したことで、大きく頭を動かすことなく視認エリア全体を確認できるようにした(出典:キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズ)画面2:広視野角の新機種「MREAL X1」と既存機種「MREAL S1」の視野角の違い。新機種では表示面積を約2.5倍に拡大した。特にユーザーからの要望で多かった縦方向の視野角を拡大したことで、大きく頭を動かすことなく視認エリア全体を確認できるようにした(出典:キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 重さは、MREAL S1の約338g(ヘッドマウントユニット含む、ディスプレイ部のみの質量は約137g)に対して、MREAL X1では約359g(同約158g)と、21gだけ重い。価格面では、MREAL S1と比べてMREAL X1は50万円ほど高い。価格はいずれもオープンだが、最小構成(ヘッドマウントディスプレイ、PC、基本ソフトウェア、表示アプリケーション)での想定市場価格(税別)は、MREAL S1が300万円から、MREAL X1が350万円からである。

●Next:MREAL X1およびMREAL S1のハードウェア上の特徴

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

キヤノン / MREAL / 複合現実

関連記事

Special

-PR-

キヤノン、複合現実ヘッドマウントディスプレイに広視野角モデル「MREAL X1」、現場での作業性を向上キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズの3社は2022年4月21日、MR(Mixed Reality:複合現実)システム「MREAL(エムリアル)」シリーズの新製品として、広視野角ヘッドマウントディスプレイ「MREAL X1」を発表した。現行モデル「MREAL S1」よりも広い視野で映像が見られる。低価格なMREAL S1と、広視野角のMREAL X1という2機種のラインアップが揃った。MREAL X1は、2022年6月上旬に販売する。販売目標は、MREALシリーズ全体で、日本国内で2025年までに年間1000台以上。

PAGE TOP