[新製品・サービス]

キヤノンITS、MRシステム基盤「MREAL Platform」新版、位置合わせ性能の向上など

2021年7月16日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンITソリューションズは2021年7月16日、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実感)システムの基盤ソフトウェア「MREAL Platform 2021」を販売開始した。新版では、アルゴリズムの改善や空間特徴位置合わせ性能、マスキング精度の向上により、検証精度を高めた。価格はオープン。

 キヤノンITソリューションズの「MREAL Platform」は、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実)システムの基盤ソフトウェアである。MRは映像技術の1つであり、仮想のCGと現実空間とを融合する。MRシステムは、ディスプレイ装置や基盤ソフトウェア、アプリケーション、などで構成する。主に、自動車メーカーなどの製造業において、デザインや設計データの試作回数を減らす業務支援ツールとして活用が進んでいる(図1)。

図1:MREALシステムの構成図(出典:キヤノンITソリューションズ)図1:MREALシステムの構成図(出典:キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 新版のMREAL Platform 2021では、アルゴリズムの改善や空間特徴位置合わせ性能、マスキング精度の向上により、検証精度を高めた。加えて、機能モジュールを8分割し、サブスクリプションライセンスとあわせて、必要な機能を必要な期間、組み合わせて利用できるようにした。これにより低価格化を図った。

 新版では空間特徴位置合わせの機能を強化している。アルゴリズムとデータ構造の改善によって、1ピクセル以上の動的ジッターを3.7%から2%以下へと下げるなど、安定性を向上させた。特徴点位置合わせを改善し、体験エリアを従来比で2倍に広げた(基準マーカーを中心に空間を動き回るケース)。体験中の環境変化に対して登録MAPを更新するようにした。これまで位置合わせが不安定だった、床やガラスなどの反射物が多い環境でも体験できるようになった。

 稼働環境は、ソフトウェアの稼働OSがWindows 10、グラフィックス処理能力としてNVIDIA Quadro RTX5000相当のGPUを必要とする。別途、ヘッドマウントディスプレイ「MREAL Display」やWebカメラなどを組み合わせてMRシステムを構成する。

関連キーワード

キヤノンITソリューションズ / MREAL Platform / VR/AR/MR

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、MRシステム基盤「MREAL Platform」新版、位置合わせ性能の向上などキヤノンITソリューションズは2021年7月16日、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実感)システムの基盤ソフトウェア「MREAL Platform 2021」を販売開始した。新版では、アルゴリズムの改善や空間特徴位置合わせ性能、マスキング精度の向上により、検証精度を高めた。価格はオープン。

PAGE TOP