開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

開発者のノンコア業務を支援する「Value Tracer」、プラットフォームエンジニアリングを採用

検証で1人あたりの稼働を6.8%削減

2024年2月13日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

エーピーコミュニケーションズ(APC)は2024年2月13日、開発者向け業務支援ツール「Value Tracer」を開発したと発表した。プラットフォームエンジニアリングの概念をベースにしたツールであり、開発者のノンコア業務(補助的な業務)を減らす。SOLIZEと2カ月間行った検証では、開発者1人あたりの稼働が6.8%減ったという。

 エーピーコミュニケーションズの「Value Tracer」は、開発者のノンコア業務(補助的な業務)を支援するツールである。プラットフォームエンジニアリングの概念をベースにしている。開発者が開発に集中し、より迅速に製品をリリースできるように支援するという(図1)。

図1:開発者のノンコア業務を支援するツール「Value Tracer」の概要(出典:エーピーコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 開発者ができるだけ多くのリソースをコアとなる製品開発業務に注げるようにするために開発したという。プラットフォームエンジニアリングの中心概念で、開発者が必要とするツールや情報などを見つけて利用できる「開発者ポータル」のプラグインとして提供する。現在、以下の2つの機能を開発している。

(1)議事録の自動作成機能、議事録や既存文書を利用したFAQ回答機能
 「アジャイル開発などのモダンな開発手法では、開発者自身も各種の作業が求められている。経緯などの情報が足りず、検索したり、要件や経緯などを他者に確認したりといった作業で開発を中断することがある」(同社)

(2)議事録を可視化・分析する機能
 業務担当者と開発エンジニアのコミュニケーション状況を可視化・分析し、改善に利用することで開発生産性を高める。「日本企業は開発をアウトソースしているためにコミュニケーションの難易度が高く、納期の遅延や生産性低下に直結している」(同社)

 エーピーコミュニケーションズはValue Tracerの効果を測定すべく、ソフトウェアベンダーのSOLIZEと2カ月間の実地検証を行ったところ、開発者1人あたりの稼働が6.8%減ったという。検証では、4人のチームで、1人あたりの稼働を1カ月160時間として計算。4人合計で640時間に対して、削減した時間は6.8%にあたる43.75時間だった。効果の内訳は以下である。

  • 議事録作成時間が1カ月で10時間減少(週2回×1.25時間×4週)
  • 情報探索・確認時間が1カ月で30時間減少(週5回×0.5時間×3人×4週)
  • Wikiのページ探索・作成時間が1カ月で3.75時間減少(月1回)
関連キーワード

エーピーコミュニケーションズ / プラットフォームエンジニアリング / アジャイル / 業務効率化

関連記事

トピックス

[Sponsored]

開発者のノンコア業務を支援する「Value Tracer」、プラットフォームエンジニアリングを採用エーピーコミュニケーションズ(APC)は2024年2月13日、開発者向け業務支援ツール「Value Tracer」を開発したと発表した。プラットフォームエンジニアリングの概念をベースにしたツールであり、開発者のノンコア業務(補助的な業務)を減らす。SOLIZEと2カ月間行った検証では、開発者1人あたりの稼働が6.8%減ったという。

PAGE TOP