CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[オピニオン from CIO賢人倶楽部]

システムはユーザー(業務)部門が使って”なんぼ”、その実現に、IT部門主導でPDCAサイクルを回そう

ふくおかフィナンシャルグループ 経営企画部 部長 河崎幸徳氏

2014年10月30日(木)CIO賢人倶楽部

「CIO賢人倶楽部」は、企業における情報システムの取り込みの重要性に鑑みて、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)同士の意見交換や知見を共有し相互に支援しているコミュニティです。IT Leadersは、その趣旨に賛同し、オブザーバーとして参加しています。同倶楽部のメンバーによるリレーコラムの転載許可をいただきました。順次、ご紹介していきます。今回は、ふくおかフィナンシャルグループの河崎幸徳氏のオピニオンです。

 構築・導入したシステムを運用開始する時、2つの表現があります。ひとつは無事システムを作り上げて送り出すことを意味する「カットオーバー」。もうひとつは、システムが業務利用に供されることを示す「サービスイン」です。2つの表現は同じことを示しますが、意味は180度異なります。

 IT部門はユーザー部門の要求を把握し、最適なITを適用して納得のいくQCD(品質・コスト・時間)で構築・導入することに責任を持ちます。従って、完成したシステムの本番稼働を持って一応の責任を果たすことから、カットオーバーと呼ぶことが多いようです。ユーザー部門はシステムを利活用して成果を上げることに責任を持ちます。このため「これから活用するぞ!」との思いも含めてサービスインと呼んでいます。

 このこと自体、IT部門のリーダーはよく考えてみる必要があると思いますが、本題はこのことではありません。構築・導入したシステムが果たしてどの程度、利活用されているのか、そこにIT部門は留意しているのだろうかが本題です。

 利活用の度合いをモニタリングすれば、次の一手を講じることができます。よく使われているシステムは、もっと使いやすくできる可能性がありますし、あまり使われていないシステムは原因を明らかにして改善を施すことで使ってもらえるようになります。改善しても利用されないシステムもあるかもしれません。それらは早めに廃棄することで維持コストを削減できます。

 筆者もその昔、構築・導入に携わったシステムを本番稼働させた後、「ちゃんと利用されているだろうか」、「使い勝手はどうなんだろう」といったことが、気になって仕方なかったことがあります。実態を把握するために、利用者にヒアリングしたり、ユーザー部門と一緒に利用ログを分析して改善策を協議して案件化するといった活動に明け暮れもしました。

 しかしIT部門の役割は、システムの調達・構築、そして安定稼働です。新規案件が次々に発生し、仕事に慣れるにつれ、そういったことから遠ざかり、構築・ 導入に専念するようになりました。言い訳するわけではありませんが、本来、利活用状況をモニタリングしてシステム化の効果を測定したり、費用対効果を検証するのはユーザー部門の役割でしょうから、そのことに問題はなかったと思います。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
バックナンバー
オピニオン from CIO賢人倶楽部一覧へ
関連キーワード

ふくおかフィナンシャルグループ / 地方銀行 / 金融

関連記事

Special

-PR-

システムはユーザー(業務)部門が使って”なんぼ”、その実現に、IT部門主導でPDCAサイクルを回そう「CIO賢人倶楽部」は、企業における情報システムの取り込みの重要性に鑑みて、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)同士の意見交換や知見を共有し相互に支援しているコミュニティです。IT Leadersは、その趣旨に賛同し、オブザーバーとして参加しています。同倶楽部のメンバーによるリレーコラムの転載許可をいただきました。順次、ご紹介していきます。今回は、ふくおかフィナンシャルグループの河崎幸徳氏のオピニオンです。

PAGE TOP