[新製品・サービス]

日商エレ、クラウドへの移行をセキュリティの観点から支援する「Hybrid Security PoCラボ」設立

2019年11月22日(金)IT Leaders編集部

日商エレクトロニクスは2019年11月21日、企業のIT環境のクラウドへの移行をセキュリティの観点から支援する「Hybrid Security PoCラボ」を設立したと発表した。第1弾としてSaaS連携やCASB(Cloud Access Security Broker)、SWG(Secure Web Gateway)のセキュリティ環境をユーザー自身で検証できる環境を用意する。

 Hybrid Security PoCラボは、クラウド環境の検証専用の施設である(図1)。ユーザー自身で簡単に環境を準備でき、整備の手間がかからない。必要に応じて日商エレの技術的サポートを受けることができるので、自社で行うよりスムーズに、かつコスト面でも合理的に検証を行える。第1弾としてSaaS連携やCASB、SWGのセキュリティ環境を用意している。

図1:Hybrid Security PoCラボの概要(出典:日商エレクトロニクス)図1:Hybrid Security PoCラボの概要(出典:日商エレクトロニクス)
拡大画像表示

 今後は、IaaS・PaaS・オンプレミス連携など、ラボの環境を順次拡張し、様々なニーズに応えるクラウド・オンプレミスのハイブリッド環境を展開する予定だ。

 最終的には、以下の検証が可能な環境を提供する考えだ。

  • IaaS、PaaS、SaaS、オンプレミス環境の利用
  • オンプレミス、クラウド、セキュリティ連結、連携テストの利用
  • IPSec、SSL、SD-WANなどのネットワーク接続の利用
  • SAML、OAuth、SSOなどのIDaaS認証方式の評価
  • Directoryサービス、アトリビュートによるACLの評価
  • CASB 、SWG、CSPM(Cloud Security Posture Management)、CWPP(Cloud Workload Protection Platform)などのクラウドセキュリティの評価
関連記事

Special

-PR-

日商エレ、クラウドへの移行をセキュリティの観点から支援する「Hybrid Security PoCラボ」設立日商エレクトロニクスは2019年11月21日、企業のIT環境のクラウドへの移行をセキュリティの観点から支援する「Hybrid Security PoCラボ」を設立したと発表した。第1弾としてSaaS連携やCASB(Cloud Access Security Broker)、SWG(Secure Web Gateway)のセキュリティ環境をユーザー自身で検証できる環境を用意する。

PAGE TOP