[新製品・サービス]

e-Janネットワークス、ネットワーク設定を変更せずに外部から社内PCをリモート操作できる製品

2020年6月1日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

e-Janネットワークスは2020年6月1日、会社の社内LANに専用のゲートウェイ装置を設置するだけで、自宅や外出先から社内のPCを遠隔操作できるようになるサービス「NinjaConnect Telework」を開始した。ファイアウォールなどの設定を変更することなく導入できる。価格(税別)は、月額1万5000円から。販売目標は、2022年までに1000社。

 NinjaConnect Teleworkは、既存のネットワークのセキュリティ設定に変更を加えることなく、社外から社内LAN上のPCをリモート操作できるサービスである(図1)。ファイアウォールの内側、社内LAN上に専用のゲートウェイ機器「Ninjaコネクター」を設置するだけで利用できる。

図1:「NinjaConnect Telework」の概要(出典:e-Janネットワークス)図1:「NinjaConnect Telework」の概要(出典:e-Janネットワークス)
拡大画像表示

 エンドユーザーは、NinjaConnect Teleworkのクラウドサービスを介して、Wenブラウザを使って社内PCをリモート操作する。Ninjaコネクターがクラウドサービスに張ったコネクションを利用して、社内LAN上のPCにアクセスする形になる。

 社外のモバイルPC側には、専用のソフトウェアは要らず、Webブラウザさえ動作すればよい。クラウドサービスにログイン後、リモートデスクトップ接続で社内PCをリモート操作する。ログイン時には、固定パスワードによる認証のほか、メールによるワンタイムパスワード認証ができる。Google認証システムと連携したアクセス認証も予定している。

関連キーワード

e-Janネットワークス

関連記事

Special

-PR-

e-Janネットワークス、ネットワーク設定を変更せずに外部から社内PCをリモート操作できる製品e-Janネットワークスは2020年6月1日、会社の社内LANに専用のゲートウェイ装置を設置するだけで、自宅や外出先から社内のPCを遠隔操作できるようになるサービス「NinjaConnect Telework」を開始した。ファイアウォールなどの設定を変更することなく導入できる。価格(税別)は、月額1万5000円から。販売目標は、2022年までに1000社。

PAGE TOP