[新製品・サービス]

CTCと日立システムズがセキュリティ事業で協業、SOCを共同利用し、サービスを相互に活用

2020年8月26日(水)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と日立システムズは2020年8月25日、セキュリティ分野におけるサービスラインアップの拡充や事業拡大を目的に、同日付で協業を開始した。SOCの共同利用や技術・ノウハウの相互利用などにより、両社の強みを組み合わせたサービスを提供する。目標として、セキュリティ事業全体を今後3年間で400億円規模(両社合算)へと拡大する。

 CTCと日立システムズは、セキュリティ分野で協業した。今後さらに対処が困難になると見込まれるサイバー攻撃に対し、2社による体制を整備し、迅速かつ的確に対応できるサービスを提供するとしている(図1)。

図1:伊藤忠テクノソリューションズと日立システムズの協業によるサービスイメージ(出典:伊藤忠テクノソリューションズ、日立システムズ)図1:伊藤忠テクノソリューションズと日立システムズの協業によるサービスイメージ(出典:伊藤忠テクノソリューションズ、日立システムズ)
拡大画像表示

 CTCは、セキュリティ装置の導入・保守運用やインシデント発生時の初動対応に強みを持つとしている。一方、日立システムズは、セキュリティ監視や脆弱性診断、マルウェア解析などに強みを持つとしている。

 CTCは、日立システムズグループのSOC運用基盤「ArkAngel」を2020年度から利用している。両社は、サイバー攻撃に迅速に対応する運用体制を、ArkAngelを中心に展開する。

 インシデントの事前対策としては、セキュリティ監視や、セキュリティ装置管理、脆弱性診断、コンサルティングを提供する。事後対策としては、マルウェア解析やインシデントレスポンスなどのサービスを相互に活用する。

 セキュリティ人材が不足している状況を踏まえ、AIや各種ツールを活用してSOC運用業務の効率化や自動化を共同で検討・推進する。セキュリティ人材の相互に受け入れるほか、育成プログラムや教育カリキュラムの共通化を通じて、セキュリティアナリスト・エンジニアの育成に取り組む。

関連キーワード

伊藤忠テクノソリューションズ / 日立システムズ / SOC

関連記事

Special

-PR-

CTCと日立システムズがセキュリティ事業で協業、SOCを共同利用し、サービスを相互に活用伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と日立システムズは2020年8月25日、セキュリティ分野におけるサービスラインアップの拡充や事業拡大を目的に、同日付で協業を開始した。SOCの共同利用や技術・ノウハウの相互利用などにより、両社の強みを組み合わせたサービスを提供する。目標として、セキュリティ事業全体を今後3年間で400億円規模(両社合算)へと拡大する。

PAGE TOP