アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

国産のオンライン会議サービス「Desk@Cloud」、デジタルアーツが提供

2020年9月30日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デジタルアーツは2020年9月30日、同社が開発した国産のオンライン会議サービス「Desk@Cloud(デスクアットクラウド)」を発表した。2020年10月1日から提供する。最大50人までのオンライン会議ができる。クラウド型で動作し、Webブラウザ(Windows)またはモバイルアプリ(iPhone/iPad)経由でオンライン会議に参加できる。価格(税別)は、年間契約の場合、1ユーザーあたり月額500円。

 Desk@Cloudは、クラウド型のオンライン会議サービスである(図1)。Webブラウザ(Windows)とモバイルアプリ(iOS)を介して、チャット機能とオンライン会議機能を利用できる(Windows向けに通知アプリも用意している)。オンライン会議には、最大で50人が同時に参加できる。デジタルアーツが開発した純国産のオンライン会議サービスであり、国内ユーザーにとって利用しやすいとアピールしている。

図1:オンライン会議サービス「Desk@Cloud」の利用イメージ(出典:デジタルアーツ)図1:オンライン会議サービス「Desk@Cloud」の利用イメージ(出典:デジタルアーツ)

 企業ユースで役に立つ運用管理面の工夫として、ユーザー情報(メールアドレス、パスワード、表示名)をCSV(カンマ区切り形式)ファイルで一括して取り込めるようにしている。ユーザーアカウントを個別に登録する手間を省ける。さらに、Windowsのユーザー情報を管理するAD(Active Directory)との間でID情報を連携させられる。

 オンライン会議機能では、デスクトップの共有やファイルの共有、ホワイトボード機能、挙手機能、などが利用できる。また、標準でバーチャル背景や背景ぼかしの機能を持つ。必要な帯域は、上りが500kビット/秒以上、下りが1Mビット/秒以上である。

 通話機能では、通常の電話のような使い勝手で、音声のみのコミュニケーションができる。テキストチャット機能では、1対1からグループルームまで、各種のメンバーとチャットできる。検索機能、ブックマーク、ハッシュタグ付け、などができる。未読/既読の閲覧ステータスも確認できる。

 2021年には、クラウド版に加えて、Desk@Cloudのサーバー機能をオンプレミス環境で動作させるためのソフトウェアを提供する。2021年にはさらに、他社のDesk@Cloudユーザーと容易に情報をやり取りできるように、会社間でユーザー情報を連携させられる機能を提供する。

関連キーワード

デジタルアーツ / オンライン会議

関連記事

Special

-PR-

国産のオンライン会議サービス「Desk@Cloud」、デジタルアーツが提供デジタルアーツは2020年9月30日、同社が開発した国産のオンライン会議サービス「Desk@Cloud(デスクアットクラウド)」を発表した。2020年10月1日から提供する。最大50人までのオンライン会議ができる。クラウド型で動作し、Webブラウザ(Windows)またはモバイルアプリ(iPhone/iPad)経由でオンライン会議に参加できる。価格(税別)は、年間契約の場合、1ユーザーあたり月額500円。

PAGE TOP