[新製品・サービス]

CTC、仮想マシン数十台規模のシステムを対象にした「VMware Cloud on AWSマルチテナントサービス」

2021年6月30日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2021年6月30日、AWSへの移行および運用サービス「VMware Cloud on AWSマルチテナントサービス」を同年秋から提供すると発表した。仮想マシン数十台規模のシステム向けにメニュー化したパッケージサービスで、オンプレミスで仮想化基盤を運用中の企業に向けて販売する。価格(税別)は月額45万円からで、販売目標として3年間で10億円を掲げる。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の「VMware Cloud on AWSマルチテナントサービスは、VMware Cloud on AWSの環境を、複数のユーザー企業で共有して使えるように、マルチテナント化したサービスである。マルチテナント化により、数十台の中小規模のシステムでもVMware Cloud on AWSを利用できるようにした(図1)。

図1:「VMware Cloud on AWSマルチテナントサービス」の概要(出典:伊藤忠テクノソリューションズ)図1:「VMware Cloud on AWSマルチテナントサービス」の概要(出典:伊藤忠テクノソリューションズ)
拡大画像表示

 VMware Cloud on AWSは従来、50台以上の仮想マシンが稼働するシステムに向いたサービスである。数十台の中小規模のシステムには適していなかった。今回CTCは、数十台の中小規模のシステムでも利用したいというニーズを受ける形で、新たなサービスを用意した。

 費用は、各種のクラウドリソースに加え、Windowsライセンス、AWSのデータ通信料、VMware HAによる可用性確保、CTCが提供する運用支援サービス、管理ポータル、などを含んでいる。

 移行対象のシステム規模に合わせて、「Basicパック」(45万円から)と「Advanceパック」(65万円から)の2種類のパッケージを用意した(表1)。BasicパックとAdvancedパックは、CPU性能(動作クロック)、メモリー容量、ストレージ容量などのスペックが異なる。

表1:VMware Cloud on AWSマルチテナントサービスのメニュー(出典:CTC)
メニュー Basicパック Advanceパック 備考
月額利用料 45万円~ 65万円~
  • 運用管理ポータル提供
  • 可用性のための領域確保
  • CTCからのサポート含む
  • 記載の月額利用料は
  • 3年間契約時の価格
CPUクロック 20~40Ghz 35~70Ghz
メモリー 200GB 300GB
ストレージ 1.5TB(実効容量) 3.0TB(実効容量)
Windows Server 月額利用料に含む 月額利用料に含む
AWSデータ通信料 月額利用料に含む 月額利用料に含む
関連キーワード

VMware Cloud on AWS / CTC / AWS / クラウド移行 / VMware / 中堅・中小企業

関連記事

Special

-PR-

CTC、仮想マシン数十台規模のシステムを対象にした「VMware Cloud on AWSマルチテナントサービス」伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2021年6月30日、AWSへの移行および運用サービス「VMware Cloud on AWSマルチテナントサービス」を同年秋から提供すると発表した。仮想マシン数十台規模のシステム向けにメニュー化したパッケージサービスで、オンプレミスで仮想化基盤を運用中の企業に向けて販売する。価格(税別)は月額45万円からで、販売目標として3年間で10億円を掲げる。

PAGE TOP