[新製品・サービス]

パナソニック、顔認証エンジンを強化、認証精度が向上し一度に15万人を照合可能に

2021年7月8日(木)IT Leaders編集部

パナソニック システムソリューションズ ジャパンは2021年7月9日、同社の顔認証クラウドサービスで利用している顔認証エンジンをバージョンアップしたと発表した。刷新により、一度に照合可能な人数が15万人まで増えるほか、本人認証エラーが従来比7分の1に、マスク着用者の本人認証エラーが従来比3分の1以下に低減するとしている。

 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、顔認証機能を提供するクラウドサービスとして、「顔認証SaaSプラットフォーム“KPASクラウド”」と「顔認証APIスタンダードエディション」の両サービスを提供している。今回、これら2つのサービスで利用している顔認証エンジンをバージョンアップした(図1)。

図1:マスク着用時の顔照合のプロセス(出典:パナソニック システムソリューションズ ジャパン)図1:マスク着用時の顔照合のプロセス(出典:パナソニック システムソリューションズ ジャパン)
拡大画像表示

 顔認証エンジンの刷新によって、同時照合人数が増えた。1:N認証において一度に照合可能な人数を、従来の3万人から15万人へと大幅に拡大した。これにより、大規模なイベントの入場管理や、社員数が多い企業の勤怠管理において、顔認証を導入しやすくなるとしている。

 同時照合人数が増えたと同時に、本人認証エラーも従来比7分の1に低減。これにより、大規模な利用でも高い精度で運営でき、運営負荷の軽減とユーザーの待ち時間の短縮を図れるという。

 マスク着用時の認証精度も高めた。マスクの着用有無の判定結果を用いる独自の照合アルゴリズムにより、同社の社内評価ではマスク着用時の1:1認証の認証率(他人受入率10万分の1の時の本人受入率)で99.9%以上を実現。マスク着用時に照度変化や顔の向き、角度変動があった場合でも、本人認証エラーを従来比3分の1以下に低減したとしている。

 サービスは利用量に応じた価格体系を採用し、初期費用不要で利用を始められる。KPASクラウドで提供する照合デバイス用アプリケーションはAndroidまたはiOSで動作する。

関連キーワード

パナソニック システムソリューションズ ジャパン / 顔認証 / 生体認証 / テレワーク / パナソニック

関連記事

Special

-PR-

パナソニック、顔認証エンジンを強化、認証精度が向上し一度に15万人を照合可能にパナソニック システムソリューションズ ジャパンは2021年7月9日、同社の顔認証クラウドサービスで利用している顔認証エンジンをバージョンアップしたと発表した。刷新により、一度に照合可能な人数が15万人まで増えるほか、本人認証エラーが従来比7分の1に、マスク着用者の本人認証エラーが従来比3分の1以下に低減するとしている。

PAGE TOP