ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[市場動向]

日立ビルシステム、新常態に合わせオフィス2拠点をリニューアル、オープンエリアで創造性を向上

2021年7月28日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所と日立ビルシステムは2021年7月28日、ニューノーマル時代の働き方の実験場として、日立ビルシステム本社地区のオフィス(東京都千代田区および東京都足立区)をリニューアルしたと発表した。同年8月2日から新オフィスの運用を開始する。フリーアドレス制を採用し、執務エリアを集約した。さらに、仕事の創造性を高められる空間を目指したオープンエリアを新設した。

 日立ビルシステムは2020年7月、「タイム&ロケーションフリー」(時間や場所にとらわれない柔軟な働き方)をキーワードに、社員が働きやすいと感じるオフィス環境の実現を目指し、若手社員40人による社内プロジェクトを立ち上げた。プロジェクトを反映した第1弾の取り組みとして、約2250人の社員が就業する本社地区2拠点のオフィスをリニューアルする(写真1)。

写真1:本社ビルのオープンエリアイメージと、就業者支援アプリ「BuilPass」の画面(出典:日立製作所、日立ビルシステム)写真1:本社ビルのオープンエリアイメージと、就業者支援アプリ「BuilPass」の画面(出典:日立製作所、日立ビルシステム)
拡大画像表示

 リニューアルでは、全社員へのスマートフォンの貸与と、在宅勤務の推進を前提に、両拠点でフリーアドレス制を採用する。執務エリアを集約するとともに、リモート会議が可能な個室や、個人が集中して作業できるブースなどを新たに配置する。

 東京都千代田区にある本社には、オープンエリアを新設する(写真2)。社員がリフレッシュを図って仕事の創造性を高められるように、緑があふれる空間の中に、ソファやカフェカウンター、リラクゼーションスペースなどを配した。

写真2:本社ビルのオープンエリアイメージ(出典:日立製作所、日立ビルシステム)写真2:本社ビルのオープンエリアイメージ(出典:日立製作所、日立ビルシステム)
拡大画像表示

 あわせて、専用のスマートフォンアプリでオフィス生活に必要となる施設予約管理やオフィス情報の入手などが一元的に行えるサービス「BuilPass」(日立ビルシステムが提供)を導入する。社員各自のスマートフォン上で、オフィスに関する配信情報の閲覧や、社内イベントへの参加登録、個人用のブースなどの一部スペースの予約ができる。出社状況を踏まえてワークスペースを選択できる。

 本社機能を持つ東京都足立区の亀有総合センターでは、食堂施設を刷新し、昼食時間以外にはオープンエリアとして活用できる空間にする(写真3)。また、IoTでビルを管理できる基盤サービス「BuilMirai」の実証環境を構築する。空調機器や照明などのビル設備を遠隔監視して稼働状況を分析するPoC(概念実証)を開始する。

写真3:亀有総合センターのオープンエリアイメージ(出典:日立製作所、日立ビルシステム)写真3:亀有総合センターのオープンエリアイメージ(出典:日立製作所、日立ビルシステム)
拡大画像表示

 日立製作所と日立ビルシステムは今後、2拠点での取り組みの成果や課題を踏まえ、日本全国の事業拠点に順次展開していく予定である。

関連キーワード

日立ビルシステム / ニューノーマル / 日立製作所

関連記事

Special

-PR-

日立ビルシステム、新常態に合わせオフィス2拠点をリニューアル、オープンエリアで創造性を向上日立製作所と日立ビルシステムは2021年7月28日、ニューノーマル時代の働き方の実験場として、日立ビルシステム本社地区のオフィス(東京都千代田区および東京都足立区)をリニューアルしたと発表した。同年8月2日から新オフィスの運用を開始する。フリーアドレス制を採用し、執務エリアを集約した。さらに、仕事の創造性を高められる空間を目指したオープンエリアを新設した。

PAGE TOP