[事例ニュース]

TBSテレビ、開票特別番組の当落速報で“説明可能なAI”を活用、予測の根拠を提示

2021年10月26日(火)IT Leaders編集部

TBSテレビは2021年10月25日、第49回衆議院議員総選挙の開票特別番組「選挙の日2021」(同年10月31日生放送)において、“説明可能なAI(Explainable AI:XAI)”を用いた当落速報を試みると発表した。富士通が開発したAI技術「Wide Learning」を活用する。当選あるいは落選の予測の根拠を説得力をもって視聴者に示すことを目的にしている。

 TBSテレビは、第49回衆議院議員総選挙の開票特別番組「選挙の日2021」(同年10月31日生放送)において、“説明可能なAI(Explainable AI:XAI)”を用いた当落速報を試みる。富士通の「Wide Learning」を利用する。当選あるいは落選と予測する根拠を説得力をもって示すことを目的にしている。説明可能なAIを活用したコーナーは午後11時15分頃に放送する予定(図1)。

図1:「Wide Learning」による分析結果の説明イメージ(出典:TBSテレビ、富士通)図1:「Wide Learning」による分析結果の説明イメージ(出典:TBSテレビ、富士通)
拡大画像表示

 過去の選挙における各候補者の経歴など候補者個人の特徴や、出馬する各選挙区の情報、さらに所属する政党、その政党の支持率と推移など100以上の特徴からなるデータのすべての組み合わせの中から、当落に影響しうる重要な要因を網羅的に計算し抽出する。特徴の数が50種類を超えると、その組み合わせは1000兆通り以上になるが、Wide Learningを活用することで数秒程度で計算できるという。

 TBSテレビと富士通によると、今回のような開票特別番組では、専門家が当落の要因をどう解説できるかが視聴者からの支持の要因になっており、さまざまなデータを基に、確かな根拠を示すための技術として、説明可能なAIを活用する取り組みに至ったという。

関連キーワード

説明可能なAI / 富士通 / メディア / TBS / 放送

関連記事

Special

-PR-

TBSテレビ、開票特別番組の当落速報で“説明可能なAI”を活用、予測の根拠を提示TBSテレビは2021年10月25日、第49回衆議院議員総選挙の開票特別番組「選挙の日2021」(同年10月31日生放送)において、“説明可能なAI(Explainable AI:XAI)”を用いた当落速報を試みると発表した。富士通が開発したAI技術「Wide Learning」を活用する。当選あるいは落選の予測の根拠を説得力をもって視聴者に示すことを目的にしている。

PAGE TOP