アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

インテック、インサイドセールスを支援する「営業DXソリューション」を提供

2021年11月12日(金)IT Leaders編集部

インテックは2021年11月11日、B2Bインサイドセールス支援サービス「営業DXソリューション」を同年11月から提供すると発表した。コロナ禍でコミュニケーションスタイルの変革を迫られている企業に対して、現状の営業活動の課題調査から、デジタルによる迅速性を基本とした営業ツールの導入支援までを行うサービスである。

 インテックの「営業DXソリューション」は、B2Bのインサイドセールスを支援するサービスである。コロナ禍でコミュニケーションスタイルの変革を迫られている企業に対して、現状の営業活動の課題調査から、デジタルによる迅速性を基本とした営業ツールの導入支援までを行う(図1)。

図1:「営業DXソリューション」の概要(出典:インテック)図1:「営業DXソリューション」の概要(出典:インテック)
拡大画像表示

 サービス提供の背景としてインテックは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、多くの企業が営業活動の制約を受け、「商談機会を確保できない」「新しい提案活動が難しい」「受注・売上が計画通りに進まない」などの課題に直面していることを挙げている。

 インテック自身も、これらの課題への解決策として、オンライン商談やウェビナーなどオンラインプロモーションを強化し、インサイドセールスなど環境変化に対応したB2Bマーケティングを効果的に行うための手法と仕組みづくりに取り組んできたという。

 今回、コロナ禍で行ったインテックのインサイドセールス成功事例を標準モデルとし、現状の営業活動の課題解決から改善まで支援するサービスとして営業DXソリューションを提供する。同様の課題を抱えるB2B企業の新しい営業スタイル転換を支援するとしている。

 営業DXソリューションでは、営業プロセスを構成する以下の4つの工程をサービス化している。

 (1)現状を知るための「インサイドセールス導入診断サービス」を提供する。アンケート形式の診断項目および個別インタビューを実施し、インサイドセールスの導入に向けて解決しなければならない課題がどの程度あるかを診断・調査する。これからインサイドセールスやデジタルマーケティングに取り組みたい企業や、現在取り組んでいるが上手くいっていないなどの課題を抱えている企業を支援する。

 (2)戦略・計画を立てるための「インサイドセールス導入コンサルティングサービス」を提供する。導入診断サービスの結果を元にコンサルティングを実施する。効率的・効果的なインサイドセールスやデジタルマーケティングの戦略立案・導入計画を策定する。ユーザーが抱えている課題を解決するためセッション形式でミーティングを行い、結果をレポートにまとめて提供する。

 (3)計画を実行するための「インサイドセールスBPOサービス」「インサイドセールス導入SIサービス」を提供する。BPOサービスは、インサイドセールス業務全般を代行するアウトソーシングサービス。SIサービスは、自社でインサイドセールスを実施するために必要な環境を導入することを目的としたシステム構築サービス。ABM基盤、名刺基盤、MAツール、CDPツール、電子契約・請求書ツールなどの導入支援や、既存システムとのデータ連携なども実施する。

 (4)効果を検証するための「インサイドセールス改善支援サービス」を提供する。実施したインサイドセールスの結果とプロセスを評価して、より良い仕組みや運用の高度化に向けた改善活動を支援するアドバイザリーサービスである。

関連キーワード

インテック / 営業支援 / インサイドセールス / テレワーク / オンライン商談 / デジタルワークプレイス

関連記事

Special

-PR-

インテック、インサイドセールスを支援する「営業DXソリューション」を提供インテックは2021年11月11日、B2Bインサイドセールス支援サービス「営業DXソリューション」を同年11月から提供すると発表した。コロナ禍でコミュニケーションスタイルの変革を迫られている企業に対して、現状の営業活動の課題調査から、デジタルによる迅速性を基本とした営業ツールの導入支援までを行うサービスである。

PAGE TOP